小澤征悦、竹内結子さんの急死に動揺「なんなんですか」「お悔やみを申し上げたくない」 | RBB TODAY

小澤征悦、竹内結子さんの急死に動揺「なんなんですか」「お悔やみを申し上げたくない」

エンタメ その他
小澤征悦【撮影:こじへい】
小澤征悦【撮影:こじへい】 全 1 枚
/
拡大写真
 小澤征悦が、28日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。きのう死去した竹内結子さんの死を悼んだ。  


 2018年、Huluで配信された竹内さん主演のドラマ『ミス・シャーロック』。小澤は竹内演じるシャーロックの兄の役として出ていた。彼女の死について小澤は「ちょっとごめんなさい、僕もまだちょっと信じられなくて……」と一言。

 また、「最初に携帯電話で(死去を伝える)速報が入ったのを見て、思わず二度見してしまった」と説明。彼女の人柄について「僕が知ってる彼女は、もっと前向きの、どんどん自分で切り開いていく強い力を持った人」と言及。さらに「芝居はすごいソリッドでシャープで、でもご本人はすごくチャーミング」と語った。

 また同作で小澤が彼女の兄の役を演じて以降、「お兄ちゃん」と呼んでくれていたことや、チェロを弾かなければいけないシーンでは猛練習の末、本番で一発OKを出すなど様々な思い出を披露。

 続けて、「(彼女には)頭が上がらないっていう……なんですかね…なんなんですか。あの……ちょっとわかんないです」と動揺。そして改めて冷静になり、「僕は彼女と出会えて、すごいうれしかったし、彼女からすごいいろんなものを頂いたし、彼女の作品を見た方もみんな元気をもらえていると思うので……まだちょっとお悔やみを申し上げたくないです、僕は。ごめんなさい。こんなことテレビで言って」と陳謝。

 そして、「でもそれくらいステキな女優です。今も」と話していた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース