小泉孝太郎、上地雄輔のイタズラにブチギレ!「現場は遊ぶとこじゃねえんだよ!」 | RBB TODAY

小泉孝太郎、上地雄輔のイタズラにブチギレ!「現場は遊ぶとこじゃねえんだよ!」

エンタメ その他
小泉孝太郎【写真:竹内みちまろ】
小泉孝太郎【写真:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 小泉孝太郎が、22日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)に出演。上地雄輔との因縁エピソードを語った。


 普段は温厚な小泉だが、「ある俳優に人生で一度だけ大声で怒ったことがある」ということで、その俳優がスタジオに登場。それが上地だった。2人はともに神奈川県横須賀出身。小泉のほうが1歳上だが、同じスイミングスクールにも通っていた幼なじみだという。

 2人は2007年に放送された『ハケンの品格』(日本テレビ系)第1シリーズで共演している。だがロケ現場で撮影待ちをしていたときに事件は起きた。上地から「こーちん(孝太郎)、良かったらガム食べない?」とガムを差し出されたそう。だがそれは、ガムを取ろうとすると指が挟まれるオモチャだった。

 これに対し小泉は「雄輔らしいな」と、寛容な態度を見せていた。だがこの後、再び上地がやってきて、手持ちのサイズのゲームを持ちこみ、「ちょっと分からないんだ」と相談。それを渡された小泉は何の気なしにAボタンを押すと、「ビリビリ!」と微弱電流が走ったという。

 すると上地は「(ドラマ共演者の)加藤あいも、大泉洋さんも、こーちんも、みんな引っかかった!」と、イタズラの成功を大喜び。だが、それを聞いた瞬間、小泉は「これをみんなにやったのか!」と怒りがMAXに到達。「その場で(ゲーム機を)叩きつけて、踏んで、『お前、現場は遊ぶとこじゃねえんだよ!』(と声を荒げた)」と回顧。

 櫻井翔から「反論があれば」と求められた上地は、その時の小泉の行動について「頭おかしくなったんじゃないかと思った」と振り返っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース