上白石萌音、TBS“火10”ドラマ枠で主演!今度は“イマドキ”安定志向な平凡女子 | RBB TODAY

上白石萌音、TBS“火10”ドラマ枠で主演!今度は“イマドキ”安定志向な平凡女子

エンタメ 映画・ドラマ
『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(C)TBS
『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(C)TBS 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 TBSは、2021年1月期の火曜ドラマ枠で『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』を放送すると発表した。


 オリジナル脚本の同ドラマで主演を務めるのは上白石萌音。今年1月期の同枠ドラマ『恋はつづくよどこまでも』では、恋に仕事に懸命に立ち向かう新米ナースを演じた上白石だが、今作では、主人公・鈴木奈未を演じる。上白石演じる鈴木奈未は、その名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並み(なみ)で普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主。地方の田舎町で生まれ育った奈未は、夢もやりたいことも特にない平凡女子という設定。

 東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけるため、東京の大手出版社の備品管理部の求人募集を見つけ、面接を受ける。採用されたはいいが、備品管理部ではなくファッション雑誌編集部に配属されてしまう奈未。そこで出会ったのは、最年少編集長である宝来麗子だった。宝来はまさに「バリキャリ」であり、「超敏腕」「毒舌・冷徹」な鬼上司。麗子は生半可な気持ちで働く奈未に対して冷たく当たる。

 「なんで私がこんな目に!?」と考えた奈未だったが、麗子の仕事に対する姿勢を間近で見ているうちに、「仕事をすること」への意識が変わっていく。さらに、ひょんなことから出会った子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介から突拍子もない提案が。鬼上司にも、子犬系御曹司にも振り回される奈未。仕事も恋愛も「そこそこでいい」はずだったのに......一体どうなる?

 奈未を振り回す、超ドS鬼上司・麗子を演じるのは菜々緒。さらに、奈未と運命的な出会いをし、屈託のない笑顔で奈未を振り回す子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介役には玉森裕太。そして、奈未が勤める出版社の先輩編集者・中沢涼太を演じるのは、間宮祥太朗。

 主演の上白石は、同ドラマ主演について「未熟者を根気強く支え導いてくださった、恩師のようなスタッフの方々に再びお声がけいただきました。こんなに早くまたご一緒できるとは! うれしさと妙な緊張が交錯しています」と喜び。「今回はオリジナル脚本です。煌びやかなファッション誌の編集部で、平々凡々な新入社員がどう変化していくのか、まだ見ぬ結末にわくわくします。楽しんでいただけますようがんばります。どうぞよろしくお願いします!」とコメントした。

 また、菜々緒は、「ドラマタイトルにもあるボスの大役をいただき、とても光栄に思ってます」とし、「華やかなファッション雑誌編集部の凄腕な冷徹ドS編集長ということで、今までの強いキャラクター要素を存分に注ぎ込んで臨みたいと思います」と意気込んだ。玉森は、「今回、御曹司で子犬系男子という役どころですが、子犬系男子という役をどのように演じるか、色々な作品を観て研究しています。 このドラマで皆様にキュンキュンしてもらえるように、精一杯やらせていただきます」と語っている。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース