博多大吉、年間テレビ出演本数1位に自虐「使い勝手がいいんでしょうね」 | RBB TODAY

博多大吉、年間テレビ出演本数1位に自虐「使い勝手がいいんでしょうね」

エンタメ その他
博多大吉(Photo by Sports Nippon/Getty Images)
博多大吉(Photo by Sports Nippon/Getty Images) 全 1 枚
/
拡大写真
 博多華丸大吉が、2日放送のラジオ番組『赤江珠緒 たまむすび』(TBSラジオ)に出演。年間テレビ出演本数で初めて1位になったことに言及した。


 同日2日、ニホンモニターから発表された「2020タレント番組出演本数ランキング」。初の1位に輝いた大吉は548本、続く2位はバナナマン設楽統で521本、3位は立川志らくで497本、4位はオードリー若林正恭で496本となっている。また相方の博多華丸も424本で8位につけている。

 同番組の水曜パートナーを務める大吉。そのオープニング、赤江から「おめでとうございます」と初の首位を祝福されると、「上半期も1位だった」と自らトピックを挙げながら、「完全優勝ということでよろしいでしょうか」と誇らしげに語った。

 続けて彼は、「毎回この話題が出るたびに言ってますけど、本当の1位は山ちゃんだって」と、『スッキリ』(日本テレビ系)の“天の声”を務めている南海キャンディーズ山里亮太について触れた。さらに「僕の友達とかいつまで言ってるのあれ?」と、“山里亮太の友達”という設定にツッコミを入れつつ、「あれカウントしたらどう考えても山ちゃん」と指摘。

 1位から3位までのタレントは帯番組の司会を務めているが、オードリー若林は帯番組を担当していないことから、「これが一番凄いよね。やってないもんね帯を。これだけきてるということは若林くんも実質1位でいいんじゃない?」と言及。また1位になったことについて改めて「まあ使い勝手がいいんでしょうね」と語っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース