5ジャンル別に約50個のアイテムを紹介!徹底した試行錯誤の末にたどり着いた最適環境 | RBB TODAY

5ジャンル別に約50個のアイテムを紹介!徹底した試行錯誤の末にたどり着いた最適環境

IT・デジタル ネタ
5ジャンル別に約50個のアイテムを紹介!徹底した試行錯誤の末にたどり着いた最適環境
5ジャンル別に約50個のアイテムを紹介!徹底した試行錯誤の末にたどり着いた最適環境 全 1 枚
/
拡大写真
 デザイナーとしてUIデザイン、ウェブサイト運用コンサルティングなどを手がけながら、YouTuberとしても活動するいちがみトモロヲさん。カメラやレンズなどを中心に、機材レビューや撮影レポートの動画を公開している。中判フィルムカメラなどのクラシカルな機材から、最新のVlogカメラまで幅広く扱っている。



 デスク環境の紹介動画では、ジャンル別に約50個のアイテムを紹介。多くのアイテムを使ってデスク周辺環境の改善を繰り返してきた理由として、「作業効率を上げること」「見た目をすっきりさせること」を重視したためだと話している。

 なかでもキーボード選びはとくに難航したとのことで、現在のキーボードにたどり着くまでの経緯を詳細に語っている。

 もともと使っていた有線のApple純正キーボードが故障したのを機にMagic Keyboardに乗り換えたものの、シザー構造が好きになれなかったことから試行錯誤を開始。かつての純正キーボードに外見が近いサードパーティー製のアイテムを購入したものの、打鍵感や手ざわりの悪さなどが気なり再度乗り換えを検討。次はメカニカルタイプの製品を選んだところ、快適に入力できる一方で打鍵音が大きく、Web会議時にタイピングの音が相手に伝わってしまう点が気になったそうだ。

 そして、思い切って高級キーボードのHHKBの「Professional HYBRID Type-S」を購入。しかし、矢印キーとファンクションキーが搭載されていないことに不便さを感じて使用継続を断念。同じく高級キーボードの「R2TLSA-US3M-WH REALFORCE TKL SA for Mac」へ乗り換え、現在はこの製品を使っているとのこと。キー加重が30gと非常に軽いモデルを選び、その軽さにはまだ慣れていないものの、切れ味の良いナイフのような打鍵感はとても快適だと話している。

 さらに、テンキーも3つの製品を試した末に、同じくリアルフォースの「REALFORCE23U」に行き着いたとのこと。テンキーのみで1万円超という高級品だが、「打鍵感は最高」と賞賛する。

 このほかに、マウスに関しても試行錯誤の経緯やマウスとトラックパッドの使い分けなどを紹介。さらに、動画収録時に使うマイクやオーディオインターフェイス、ヘッドホンといった機器や収納アイテムなども豊富に紹介している。

《酒井麻里子》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース