渡部建、『ガキ使』収録に関しては「申し訳ありありません」「ごめんなさい」の一点張り | RBB TODAY

渡部建、『ガキ使』収録に関しては「申し訳ありありません」「ごめんなさい」の一点張り

エンタメ その他
渡部建【撮影:竹内みちまろ】
渡部建【撮影:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
 渡部建が3日、謝罪会見を開いた。その中で、リポーターから『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)の大みそか特番での仕事復帰が報じられていることについて質問が飛んだが、渡部は番組に関する質問には最後まで「答えられない」の一点張りだった。


 会見ではダウンタウンの松本人志が渡部の会見直前に行った「オレと渡部の共演は当分無いと思うよ~」というツイートが紹介され、レポーターから「復帰報道が確かなら、(渡部さんの出演シーンが)お蔵入りになったということでしょうか」と質問が飛ぶ場面もあった。しかし、渡部は「騒動になって諸先輩方にご迷惑をおかけしているんですけど、僕からはどういうことかは分からないと言いますか、申し上げられないと言いますか」と言い、松本のツイートに関する質問に明確な回答はなかった。

 「まずは謝罪がしたい」との思いで会見を開いたと語る渡部だが、一部ではすでに番組の収録に参加したと報じられている。リポーターからは「番組の名前はどうでもいい、復帰が先か謝罪が先か、どっちなのか」「どっちが先かは大事な問題」「先に謝罪を強調していながら、仕事しているのであれば誠実さはないのでは?」「われわれもガキの使いで来てるんじゃない」など厳しい追及の声が上がったが、渡部は「ごめんなさい」「本当に申し訳ありません、申し上げられません」と言い、ひたすら頭を下げるだけだった

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース