坂本冬美の新曲「ブッダのように私は死んだ」がラジオドラマ化!木村多江&前川泰之が愛憎劇を熱演 | RBB TODAY

坂本冬美の新曲「ブッダのように私は死んだ」がラジオドラマ化!木村多江&前川泰之が愛憎劇を熱演

エンタメ その他
木村多江&前川泰之
木村多江&前川泰之 全 6 枚
拡大写真
 サザンオールスターズの桑田佳祐が楽曲を提供した坂本冬美の新曲「ブッダのように私は死んだ」のラジオドラマ化が決定。ニッポン放送で今月14日~17日に4夜連続で放送される。


 「ブッダのように私は死んだ」は桑田が坂本を主人公に見立てて描いた、悲しくも美しい愛に生き、愛に死にゆく“歌謡サスペンス劇場”ともいうべき作品。ラジオドラマではその作品を原案とし、楽曲の持つ男女の愛憎劇の世界観が再現されている。

 キャストは女優の木村多江と俳優の前川泰之、そして坂本自身もドラマの主人公が務めるクラブのママ役で特別出演する。

 木村は「こういうどろっとした役を久しぶりにやらせていただいたのですが、坂本冬美さんの唄と桑田佳祐さんの曲、そこに自分の芝居がうまく重なり合ってまた新しい世界観が生まれたらいいなと思いました。とても楽しかったです」と収録を終えての感想をコメント。

 前川は自身が演じた役について「浩二という役がダメな男なんだけどどこか魅力的に感じる部分もあって、この仕事は是非やらせてもらいたいと思いました」と語り、「情緒ある世界観を、ラジオドラマという声だけの表現で多くの皆様にお伝え出来る様、収録にのぞませて頂きました。4日間みなさんに楽しんで頂けたらと思います」と呼びかけた。

 また、坂本は「愛する人に尽くして尽くして、その結果が不幸な結末に。そんなヒロインを木村多江さんが迫真の演技で聴かせて下さいます。こうして『ブッダのように私は死んだ』が様々な形で広がっていくのは大変嬉しいですね。ただ木村さんのインパクトが凄すぎて、今後この曲を歌う時には木村さんのお顔が思い浮かびそうです(笑)」と木村の演技を絶賛した。

 ラジオドラマ『ブッダのように私は死んだ』は『オールナイトニッポンMUSIC10』(ニッポン放送)の番組内で12月14日~17日に22時30分から放送。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース