羽生結弦、トータル300点越えで全日本5年ぶりの奪還! | RBB TODAY

羽生結弦、トータル300点越えで全日本5年ぶりの奪還!

エンタメ その他
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 今季初戦の羽生結弦が、26日放送の『全日本フィギュアスケート選手権2020』(フジテレビ系)のフリープログラムで圧巻の滑りを見せ、5年ぶりに優勝した。


 前日のショートに続きフリーも新プログラムに挑んだ羽生。最終滑走で「天と地と」を鮮やかに舞った。最初の4回転ループを完璧に決めると、続く4回転サルコウも見事に着氷。さらにトリプルアクセルからダブルトゥループ、その後すぐにトリプルループと、観客を魅了した。終わってからも表情を変えずにリンクを降りた。

 そして点数は215.83点。前日のショートと合わせてトータル319.36点と、300点越えを果たした。点数が出た瞬間、彼はわずかな笑みを浮かべるも元に戻り、拍手をする観客に「みんな健康で帰ってください!」と声をあげて呼び掛けた。

 5年ぶりに全日本王者に返り咲いた羽生。インタビューでは「とりあえずスピンが丁寧にできたので良かった」と安堵。さらに「客観視しながら練習してきたことをしっかり信じて、 自分の体の感覚を信じてやり切れた」と語った。

 「来年、開催予定の世界選手権にどんな気持ちで臨むのか」と聞かれると「世界選手権やれればですけどね」と前置きしながら、「とにかく何より、世界に早く平穏が戻って、僕自身も平穏な暮らしをしたい」と語っていた。

《杉山実》

【注目記事】

関連ニュース