さくらまや、『紅蓮華』の替え歌『不安げII』にネット「最高すぎる」 | RBB TODAY

さくらまや、『紅蓮華』の替え歌『不安げII』にネット「最高すぎる」

エンタメ その他
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 さくらまやが、27日放送の『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』(TBS系)に出演。『紅蓮華』の替え歌を再び披露し、注目を集めている。


 前回10月の放送に出た際、その替え歌で『不安げ』を熱唱した、さくら。今年7月に自宅を買ったものの翌月無職になり、ローンの支払いについて「月末怖い」など、自虐連発。

 実際に彼女は今年7月、時価総額約1億円のマイホームを35年ローンで購入したものの、翌月、コロナの影響で仕事が激減。所属事務所を退所し、独立している。そんなリアルな体験からつづられた切実な想いにSNS上から反響が。

 今回は、その“続編”となる『不安げII』を新たに引っ提げて登場。『紅蓮華』のメロディで「人生~最大の恥晒した~すると~仕事~来たよぉぉぉ~~~!!」と絶叫し、前回の放送による反響を報告。100件以上の営業の依頼が殺到したという。

 ただし舞い込んだ仕事には大いに感謝しているものの、カラオケスナックで歌ってほしいというオファーも多く、このままではローンが減らないことからバイトを探しているとも明かした。そして、「政府マターのCMが欲しい」と訴え、「広告代理店よ立ち上がれ!都知事とつないで!」と締めくくった。

 SNS上ではその抜群の歌唱力への評価とともに、振り切った歌詞について「貪欲で素敵」「本音ぶち上げ過ぎ」「最高すぎる」など絶賛コメントが。そして、「政府マターの太いCMが付きますように」というエールも寄せられていた。

《杉山実》

【注目記事】

関連ニュース