LiSAが『レコ大』大賞を受賞、『鬼滅の刃』原作者らに感謝「こんな未来があって本当に幸せです」 | RBB TODAY

LiSAが『レコ大』大賞を受賞、『鬼滅の刃』原作者らに感謝「こんな未来があって本当に幸せです」

エンタメ 音楽
LiSA (c)TBS
LiSA (c)TBS 全 1 枚
/
拡大写真
 LiSAが、30日に放送された『第62回 輝く!日本レコード大賞 2020』に出演。映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」で大賞を受賞した。

 優秀作品賞を受賞したのは、AKB48「離れていても」、瑛人「香水」、純烈「愛をください~Don't you cry~」、DA PUMP「Fantasista~ファンタジスタ~」、DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」、乃木坂46「世界中の隣人よ」、氷川きよし「母」、三浦大知「I'm Here」、Little Glee Monster「足跡」、LiSA「炎」の10組。接戦を制して、LiSAが大賞に輝いた。

 名前を呼ばれるとLiSAは顔を覆うようにして号泣。喜びを露わにしつつも「今回、私がここに立たせてもらっていますが、作詞作曲をしてくださった梶浦(由記)さんはもとより、『鬼滅の刃』原作者の吾峠呼(世晴)先生、そして、アニプレックスの皆さん、ソニーミュージックの皆さん、ファンの皆さん、本当にたくさんの方に支えていただいて、今日頂いたと思います。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

 MCの安住紳一郎から、母親と喧嘩して上京し、約10年。17枚目のシングルでようやくつかんだ栄冠だと触れられると「でも、こんなところに立てる未来なんて全く想像せずに出てきました。皆さんと歩んできた先に、こんな未来があって本当に幸せです」と振り返っていた。

《浜瀬将樹》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース