プラチナムの超絶美女27名が週プレ総出演!貴重なオフショットが公開に | RBB TODAY

プラチナムの超絶美女27名が週プレ総出演!貴重なオフショットが公開に

エンタメ グラビア
手島優
手島優 全 25 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 今週の『週刊プレイボーイ』(集英社)は「プラチナムプロダクション20周年記念号」と題して、同事務所に所属する27人が総出演。このほど、誌面に登場したタレントからのコメントとオフショットが公開となった。


 今回表紙を飾っているのは『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日)で大治小夜/キラメイピンク役を演じている工藤美桜。その他にも『ミスマガジン2019』グランプリの豊田ルナや、『制コレ'20』準グランプリの蓼沼優衣、『高1ミスコン2017-2018』グランプリの吉田莉桜など、グラビア誌で活躍する注目のメンバーから、今回がグラビアデビューになる新人まで、総勢27人のタレントが集結した。

 センターグラビアを飾った豊田&吉田&山田南実&蓼沼優衣の4人はほぼ初対面。4人での撮影は初めてだったそうで、蓼沼は「4人の個性がばらばらなのでそれぞれの魅力に注目してください!笑」と語り、吉田は「みんなでわちゃわちゃして学生にもどったみたいに青春を感じた撮影現場でした!」と撮影を振り返った。

 ペアグラビアを披露したのは池本しおり&舞子、あにお天湯&大間乃トーコ、御子柴かな&青科まきの3組。舞子は「どこか懐かしい雰囲気の民宿で、お風呂に入ったり、浴衣を着て撮影しました。私の持ち味である『昭和感』を存分に楽しんで頂けるようなシーンが多かったと思います。また、しおりちゃんと私の、姉妹感(?)にも注目して頂きたいです」コメント。また、大間乃は「『和と洋・破壊・陰のあるグラビア』を表現したく思いまして、あにおちゃんのアンニュイでエキゾチックなフランス人形のような雰囲気、大間乃の日本人形のようなのっぺりした雰囲気……笑 どこかちぐはぐな部分もありつつ対比になっているかと思います」と見どころを語り、お互いにデビューのきっかけが週プレ酒場でのアルバイトだったという青科は「その頃から3年以上経っているのできっと成長しているはずです!笑」と自信をのぞかせた。

 グラビア初挑戦だったのはPeel the Appleの黒嵜菜々子と「グラビアネクスト2020」グランプリの冨樫真凜。2人はそれぞれ、「他のモデルの方はどんなポーズをしているのかな。と思い、何冊も買って研究しました!瞳の中で何か切なげな表情をしている様に魅せるのが素敵だなと思って、瞳重視+ポーズ重視で撮ったので、目に注目して見て欲しいです!」(黒嵜)、「いままでは人に写真を撮られる時、常に笑顔が基本だったのですが、グラビアでは笑顔だけではない自分をたくさん撮っていただき、新しい自分の一面を発見できました! 撮影に合わせてくびれができるよう筋トレしたので、たっぷりみてもらえたら嬉しいです!!!」(冨樫)とコメントした。

 そしてプラチナムプロダクション20周年記念号のラストで初のウエディンググラビアを披露した手島優は「満面の笑顔も今までのグラビアでは珍しいカットなのでぜひ見ていただきたいです!」と見どころを語り、「私もプラチナムのグラビア班のラスボスとしてまだまだ頑張ります! そして支えてくださった皆様にたくさんの笑顔をお届け出来るよう頑張りますのでこれからも応援よろしくお願い致します!」と呼びかけた。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース