カズレーザー、森会長の女性蔑視発言に「委員会のガバナンスが破綻している」 | RBB TODAY

カズレーザー、森会長の女性蔑視発言に「委員会のガバナンスが破綻している」

エンタメ その他
カズレーザー(メイプル超合金)【撮影:小宮山あきの】
カズレーザー(メイプル超合金)【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 メイプル超合金・カズレーザーが、4日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演。東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の発言に異論を述べた。


 森会長は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」と言及。同会長は、この女性蔑視ともとれる発言について報道陣を前に謝罪・撤回したものの、「女性の話が長いと思っているか?」と聞かれると、「最近、女性の話は聞かないからあんまりわかりません」と答えていた。

 この答弁についてカズレーザーは、「森さんに喋らせたら、こうなるのは目に見えていた」と言及。「思った通りに喋っちゃうじゃないですか」とも述べ、「やはりそういう方をこのポストに置くという委員会のガバナンス自体が破綻しているのでは」と持論。「なぜ委員の中から辞任を大々的に求める声があがらないのか理解できない」と訴えていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース