松本人志、森会長発言炎上に「中途半端にウケ狙ってすべったパターン」 | RBB TODAY

松本人志、森会長発言炎上に「中途半端にウケ狙ってすべったパターン」

エンタメ その他
松本人志 (Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images)
松本人志 (Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images) 全 1 枚
/
拡大写真
 ダウンタウンの松本人志が7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、森喜朗・東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の女性蔑視ともとれる発言に批判が強まっていることについてコメントした。

 森会長は、3日開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。女性は競争意識が強い」などと発言。国内外から女性蔑視との批判が高まっている。

 これについて松本は「そもそも浮き世離れした方。どんどん浮き世との距離がさらに開いた感じはする」とした上、「炎上するのは、中途半端にウケを狙ってすべったとき。森さんもそのパターンかなと。そもそもウケを狙っていることがずれている」と指摘した。

 松本はまた、森会長が新型コロナウイルス対策で聖火ランナーが走る際の密を避けるため、「タレントは田んぼを走ったらいい」などと発言したことについても、「なんも面白くないよね」と一刀両断。これにスタジオで共演したバカリズムは「あれは取りに行ってますよね」、ヒロミは「誰かから聞いて、これ行けるなと思って話してるよね」と応じていた。

《角谷》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース