佐々木恭子アナ、痛恨のミス連発!共演者はツッコミまくり | RBB TODAY

佐々木恭子アナ、痛恨のミス連発!共演者はツッコミまくり

エンタメ その他
拡大写真
 7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、佐々木恭子アナウンサーが原稿の読み間違いを連発。スタジオの共演者たちからいじられる一幕があった。

 佐々木アナは、一杯の丼にうどんとそばの両方が入った富山県高岡市の名物料理「チャンポン」の話題を紹介する中で、富山県を「岡山県」と言い間違い。これにスタジオ一同はガックリ。司会の東野幸治は「そんな間違いあるか!」とつっこんだ。

 ヒロミは、以前に情報番組『バイキング』で佐々木アナが服のボタンを掛け違えたままニュースを読んでいたエピソードを明かし、「おれらもおかしくてしょうがないんだけど、すげえ難しいニュース読んでいた」と振り返った。

 「下読みはしたんですけどね」と語った佐々木アナは、その後、気を取り直して「チャンポン」の説明に移ったが、「一杯のだし」と読むべきところを「一本のだし」と、またも読み間違い。ベテランらしからぬ痛恨のミス連発に、東野から「チャンポンかわいそうやろ」、ヒロミからは「もう入ってこねえわ」とつっこまれていた。

《角谷》

【注目記事】

関連ニュース