吉岡里帆、男運のない崖っぷち女子に!クセあるキャラも見もの | RBB TODAY

吉岡里帆、男運のない崖っぷち女子に!クセあるキャラも見もの

エンタメ 映画・ドラマ
吉岡里帆(C)フジテレビ
吉岡里帆(C)フジテレビ 全 6 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 吉岡里帆が鈴木亮平主演の木曜劇場『レンアイ漫画家』(フジテレビ)でヒロインを演じることが決定した。


 原作は『モーニング』(講談社)で2010~2012年に連載された同名コミックス。漫画一筋で恋愛が苦手な少女漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、ダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこが送るラブストーリーだ。

 吉岡はヒロインのあいこ役で出演。男運が悪く30歳を目前に愛を見つけたいあいこはある日、初恋の人の葬儀で、その兄の清一郎と衝撃的な出会いを果たす。出会い頭に清一郎はあいこに「俺のためにレンアイしろ!」ととんでもないことを依頼。その依頼とは、漫画のネタのために疑似恋愛のミッションをしろ、というものだった。仕事をクビになったあいこはお金のために恋愛ミッションという名のリアル体験取材をスタート。清一郎のむちゃぶりの指令のもと、疑似恋愛を繰り返すことになるあいこ。恋愛ミッションのことで、ことあるごとに清一郎とぶつかり合う日々を送るあいこだったが……。

 吉岡が木曜劇場に出演するのは今回が初で、鈴木との共演も初。演技派女優の吉岡がコミカルに振り切って魅せる表情豊かな崖っぷち女子ぶりは必見。また、劇中では恋愛ミッションに応えるため、丸の内OL、ギャル、あざとかわいい女子など、さまざまなクセのあるキャラクターを見事に演じ切る吉岡も見どころの1つとなっている。

 “ド直球ラブコメ”への出演経験が以外にもほとんどないという吉岡は「すごく新鮮」と語り、「今は明るいエンターテインメントが必要とされているんじゃないかなと、私自身も感じてたので、ポップな笑いやドタバタもあり、さらに愛情いっぱいの作品に出演させていただけることに、本当にうれしく思いました」とコメント。

 初共演の鈴木についてはストイックな印象が強かったと吉岡。現場では「ラブコメといっても、どこで人はキュンとするのか?」などについて2人で話し合いながら撮影を進めているそうで、「キュンも二人でストイックに考えています! 本編の清一郎とあいこにも通じる感じですね(笑)」と話した。

 最後は視聴者に向けて「『レンアイ漫画家』は原作を読ませていただいた時から本当に面白くて、心がほっこりとする作品です。そして、キュンとしたりワクワクしたり、楽しみな要素がたくさん詰まった作品です!肩肘張らずに楽しく見られる作品なので、みなさんにほっこりとご覧いただければうれしいです!」とメッセージした。

 木曜劇場『レンアイ漫画家』(フジテレビ)は4月スタート。毎週木曜22時~22時54分放送。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース