ぼる塾・田辺、“密輸”容疑で取り調べの過去!太い“二の腕”が怪しまれ「ここに絶対何かある」 | RBB TODAY

ぼる塾・田辺、“密輸”容疑で取り調べの過去!太い“二の腕”が怪しまれ「ここに絶対何かある」

エンタメ その他
ぼる塾・田辺智加【撮影:浜瀬将樹】
ぼる塾・田辺智加【撮影:浜瀬将樹】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 ぼる塾・田辺智加が、24日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。海外の空港で起きた信じがたいトラブルを明かした。


 このエピソードをタレこんだのは、ぼる塾4人目のメンバーで、現在は育休中の酒寄希望。彼女によれば、「田辺さんは海外の空港との相性がかなり悪い」とのことで、「毎回のように連行される」と衝撃の暴露。韓国の空港では「女性の“二の腕”がこんなに太いのは不自然だ!麻薬を隠しているに違いない」と言われ、強制連行されてしまったという。

 チュートリアル徳井義実から「そんなに相性悪いの?」と聞かれた田辺は「ホント怖かった……」と切り出し、「シンガポールの時は変な部屋に連れて行かれた」と回顧。「(税関職員は)英語で何を言っていたか分からない」としながら、「多分だが、『飛行機で何かあったらお前のせいだ』と言われた」と振り返った。なんとか搭乗できたが、機内では「何も起こらないでくれ」と祈っていたという。

 また、韓国に一人旅をしたという田辺。その時彼女は半袖で、二の腕が露出していたにもかかわらず、ボディチェックで「ここに絶対何かある!取れ!」と職員に問い詰められたそう。だが「肉です」と言ったものの「全然(取り合ってくれなかった)」のだとか。「コギ!コギ!って言いました」とも告げた彼女にフットボールアワー後藤輝基が「コギって何?」と聞くと、「肉」と返し、笑いを誘っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース