松坂慶子、三谷幸喜脚本『死との約束』本堂夫人役にコメント「台本を読んでいてスカッとした」 | RBB TODAY

松坂慶子、三谷幸喜脚本『死との約束』本堂夫人役にコメント「台本を読んでいてスカッとした」

エンタメ 映画・ドラマ
左から)松坂慶子、鈴木京香(C)フジテレビ
左から)松坂慶子、鈴木京香(C)フジテレビ 全 3 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 3月6日21時からは、スペシャルドラマ『死との約束』(フジテレビ系)が放送されれる。このほど、同作に出演する松坂慶子、鈴木京香のコメントが発表された。


 同ドラマは、ミステリー界の女王・アガサ・クリスティー(1890年~1976年)が1938年に発表した長編小説が原作。『死海殺人事件』のタイトルとして1988年に映画化もされているが、日本での映像化は初めて。今回、舞台を“巡礼の道”として世界遺産にも登録されている熊野古道に、そして時代設定を昭和30年に置き換えて、三谷幸喜が脚本を執筆。三谷流の『死との約束』を作り上げた。

 主人公は、『オリエント急行殺人事件』『黒井戸殺し』に続き、狂言の第一人者・野村萬斎演じる名探偵・勝呂武尊。今回、事件の被害者で、数年前に夫を亡くして以来、未亡人として一家を束ね、家族を思いのままに支配しようとするが、旅先の熊野で遺体で発見される本堂夫人役を演じる松坂、勝呂とは旅先で偶然出会うが、実は旧知の仲で、二人のラブロマンスの行方も今作品の見どころのひとつとなる上杉穂波役を演じる鈴木の作品に対するコメントが発表。なお、松坂は本シリーズはもちろん、三谷作品にも初出演。鈴木は三谷作品ではおなじみだが、今シリーズは初出演となる。

 松坂は三谷作品初出演について「今回初めてご一緒できてとてもうれしいです。“やったー!”という感じでした」と喜び。同作について「昭和30年という時代の中で繰り広げられるお話がとても面白かったですし、本堂夫人が、とてもマイペースで、みんなが“あーあの人がいなければ幸せなんだけれどな。早く死んでくれないかなあ”ってそういう大変な母ではあるのですが、台本を読んでいるとなんだか、スカッとするんですよね。こんな風に遠慮無く思っていることをずけずけと言ったらさぞ、気持ちがいいだろうなあと。そして三谷さんの脚本では、“ひどい人なんだけれど笑っちゃう”そこがすてきで面白いですよね」とコメント。

 視聴者に向けては「今コロナ禍でどこにも外出できない方が多いと思うので、是非このドラマで熊野古道や豪華なクラシックホテルの中で繰り広げられるドラマをお楽しみいただければと思います。そして素晴らしいキャストの方々が結集しているので、きっと見応えのある作品だと思いますので、大いにこの世界に入って楽しんでいただけたらと思います。私も楽しみにしています」と呼びかけた。

 一方の鈴木は、同作について「映画『死海殺人事件』も見たのですが、エキゾチックな舞台を日本に置き換えても違和感なく、より一層面白い。そこが三谷さんの脚本の素晴らしいところだなと思いました。元々素晴らしい原作や映画もあって、ちょっとおじけづきそうなところもあったのですが、三谷さんの台本を読んだ時に、登場人物の関係性や、物語が動いていく時の面白さが見え、安心して穂波という役を演じることができると思いました」とコメント。

 実際に演じた感想については「難しかったです。意味もなく笑顔で勝呂を突き飛ばしたりするシーンとか、どうやろうかなって思いましたし。政治家は一度やってみたかった役です。昭和30年代の女性政治家は、きっと当時では珍しく、目立つ存在だったと思うので、その役を演じられるのはとても光栄でした」と語った。

 視聴者に向けては「昭和30年に時代を置き、熊野古道に舞台を置き、それが本当にドラマに魅力を与えていて、ゴージャスなサスペンスにできあがっていると思います。勝呂は西洋の文化と知性を取り入れた成熟した男性。その魅力がミステリーに加わるとこんなにも面白くなるものなのかなと思いました。ロケを行った熊野古道もとても神秘的な場所でしたし、いろいろな方に楽しんでいただけるスペシャルドラマになっていると思います」と呼びかけている。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース