きゃりー、「変な歌」がヒットした人気絶頂期を振り返る | RBB TODAY

きゃりー、「変な歌」がヒットした人気絶頂期を振り返る

エンタメ その他
きゃりーぱみゅぱみゅ【撮影:小宮山あきの】
きゃりーぱみゅぱみゅ【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 きゃりーぱみゅぱみゅが、26日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)に出演。人気絶頂時の胸の内を激白した。


 彼女は当時について「テレビに出て有名になったら喜ぶはずなのに、家に帰ってくると寂しかった」と回顧。さらにその理由について「“きゃりーぱみゅぱみゅ”という芸名のほうがもてはやされた」「本名の私のほうが充実できなかった」と打ち明け、「私って“きゃりーぱみゅぱみゅ”だけかと思う時期があった」と振り返った。

 ここで爆笑問題・太田光から「人気はあったけど満たされなかった?」と聞かれると、彼女は「そうですね。寂しい時期はあった」と重ねて言及。さらに「特にデビューしたての頃は、“きゅりーぱみゅぱみゅ”という名前で、ちょっと“変な歌”を歌ってたり……」とぶっちゃけ。この発言には太田も「ファンはズッコけてるよ」とたしなめ、オリエンタルラジオ藤森慎吾も「めちゃめちゃ良い曲だったよ」とフォローした。

 そんな彼女の現在について番組が追跡すると、アクションに挑戦したり、自身のフレグランスブランドをプロデュースするなど幅広く活躍していることが判明。これについて本人は「バランスが取れてきて、すごく幸せ」と語っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース