5月に予定されていた『コミケ99』、開催延期へ! | RBB TODAY

5月に予定されていた『コミケ99』、開催延期へ!

エンタメ その他
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 コミックマーケット準備会は8日、5月2日~4日に東京・東京ビッグサイト開催を予定していた『コミックマーケット99』の開催延期を公式サイトで発表した。


 準備会は昨年11月に新型コロナウイルスの感染防止のための対策指針や、当時のイベント開催状況を見据えつつ、『コミックマーケット99』は1日に20万人を集めるような従来の規模での開催はできない判断し、「1日数万人程度の来場者の規模とならざるを得ない」ことを前提に開催実現に向けて準備を進めることを発表していた。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大状況から、今年1月に2回目の緊急事態宣言は発出され、翌2月には1ヵ月間期間が延期される事態に。さらに内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室から出された方針で、緊急事態宣言解除後の経過措置期間(4月11日まで)として、イベント開催における収容人数の上限が「5000人または収容定員の50%のいずれか大きい方」または「1万人」のいずれか小さいほうを上限と定められ、昨年から「数万人」規模で開催を想定してきた準備会は「1日の来場者数(一般参加だけではなく、サークル参加、スタッフ参加その他全ての参加者が含まれます)の上限が1万人となった場合、準備を進めていた計画の想定範囲を大幅に逸脱しており、コミックマーケット99の開催を計画通り進めることが困難であるというのが実情です」と説明。

 加えて、今月5日には1都3県に対する緊急事態宣言が2週間延長され、合わせて発表され方針では経過措置期間の終了時期が明確に示されておらず、予定通りに今月21日に宣言が解除されたとしても「1万人を収容人数の上限とする経過措置期間が2021年GWまで延長される可能性があります」とした。

 現時点で収容人数の上限が決定したわけではないため、上限が1万人ではない可能性もあるが、直前に開催中止・延期となっては参加者や関係者に大きな影響を及ぼすと判断し、今回の結論に至ったとのことだ。

 延期にあたって本日8日に予定していた『コミックマーケット99』のサークル当落発表は行われず、5月2日~4日に開催予定の『コミックマーケット99』のカタログ発行も中止に。延期後の『コミックマーケット99』の日程については2021年冬を目指すとした。

《松尾》

【注目記事】

関連ニュース