Netflix映画『浅草キッド』に門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美らの出演決定! | RBB TODAY

Netflix映画『浅草キッド』に門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美らの出演決定!

エンタメ 映画・ドラマ
門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美
門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 大泉洋と柳楽優弥がダブル主演を務めるNetflix映画『浅草キッド』が2021年冬に配信される。このほど、門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美らの出演が決定した。


 同作はビートたけしの楽曲「浅草キッド」と、自叙伝『浅草キッド』を原作に、劇団ひとりが監督・脚本を担当した作品。昭和40年代の浅草を舞台に、芸人・深見千三郎に弟子入りしたタケシの当時の姿が描かれる。深見を大泉、タケシを柳楽が演じる。

 門脇はタケシと共に夢を追いかける浅草フランス座の踊り子・千春役で出演し、のちにタケシとツービートを結成することとなるキヨシ役をナイツの土屋、深見と共にフランス座を守る麻里役に鈴木が演じる。また、いち早くテレビに進出し人気を博している深見の弟子・東八郎役を尾上寛之、劇場経営者として深見や麻里と深い親交があるタカラ座社長・田山淳役を風間杜夫が演じることも決定した。

 門脇は「監督の作品への愛情の深さと熱量が常に静かにひしひしと充満し、緊張感と多幸感で爆発しそうな撮影期間でした」と語り、映画初出演でとにかく不安だったという土屋は「監督はじめ共演者スタッフの皆さんが浅草芸人の事を愛情持って深く理解してくれていたので、まさしく僕たちが体感してきた『人情』を同じ様に感じられる現場でした。すごく幸せでした。そして改めて、映画になる漫才師・ツービートの偉大さを思い知りました」とコメント。鈴木は「劇団ひとり監督の、ビートたけしさんへの愛、尊敬、憧れ。絶対に撮りたいイメージ。口数少なく、しかし決して諦めない監督の思いを実現しようとチームが一致団結して撮影に臨む、あたたかく優しく純粋な現場でした」と振り返った。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース