紀平梨花、『世界フィギュア』は7位で終える!坂本花織は6位 | RBB TODAY

紀平梨花、『世界フィギュア』は7位で終える!坂本花織は6位

エンタメ スポーツ
紀平梨花(Photo by Linnea Rheborg/Getty Images)
紀平梨花(Photo by Linnea Rheborg/Getty Images) 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 27日放送の『ISU世界フィギュアスケート選手権大会2021』(フジテレビ系)で女子フリープログラムが行われ、紀平梨花が総合7位に終わった。


 初の世界女王を狙う紀平。ショートプログラムでは、首位のロシア女王・シェルバコワと1.92点差だった。そして迎えたフリー。勢いよくリンクへ飛び出した彼女だったが、冒頭に予定していたという4回転サルコーを回避。続くトリプルアクセルも転倒した。演技後半の3回転ルッツでも着氷が乱れるなど精彩を欠き、得点は126.62点。フリー9位に終わった。結果、合計205.70点で総合7位となった。

 一方、ショートプログラム6位につけていた坂本花織は、今回のフリーではほぼノーミス。流れもスムーズで、後半にかけてスピード感も加速した。フリー5位につけ、合計207.80点で総合6位につけた。また宮原知子は172.30点で19位だった。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース