行列のできるフランス菓子店「パリセヴェイユ」“春の新作”づくりを取材......『情熱大陸』 | RBB TODAY

行列のできるフランス菓子店「パリセヴェイユ」“春の新作”づくりを取材......『情熱大陸』

エンタメ その他
(C)MBS
(C)MBS 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 18日23時からは、『情熱大陸』(TBS系)が放送される。


 今回は、菓子職人・金子美明氏に密着。自由が丘の街の一角に佇む、フランス菓子店「パリセヴェイユ」は、毎日行列のできる人気店。業界内でも人気が高く、この店のファンだと公言する料理人やパティシエは多い。日本だけでなく、フランス・ヴェルサイユにも店を構え、毎日地元の住民が、金子氏の菓子を求めて列をなしている。

 オーナーシェフの金子氏は「けっして宝石のような菓子作りではなく、日常の中に溶け込む上質を目指している」と言う。そんな言葉と裏腹に、毎日早朝から職人たちが作り上げる菓子は、どれも一寸の狂いもなく、ストイックなまでに磨き上げられた技が光る。毎日厨房に立ち、朝から晩まで、菓子作りに没頭する金子氏。番組では、そんな金子氏の「春の新作」づくりを取材。頭の中にある“理想の食感のクリーム”を、今回の新作では完成させたいという。科学の実験のような、油分と水分の“バランス”と“乳化”との格闘が始まる。

 また、ひとり娘との犬の散歩は、息抜きの大切な時間。娘は、父の背中を見ながら「これほど大変な仕事なら、菓子職人にはなりたくない」と言って、笑う。果たして、理想のクリームは完成するのか…?

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース