映画『ピーターラビット2』が6月25日に公開決定!吹替キャストに安元洋貴、森久保祥太郎、木村昴ら | RBB TODAY

映画『ピーターラビット2』が6月25日に公開決定!吹替キャストに安元洋貴、森久保祥太郎、木村昴ら

エンタメ 映画・ドラマ
映画『ピーターラビット2』が6月25日に公開決定!吹替キャストに安元洋貴、森久保祥太郎、木村昴ら
映画『ピーターラビット2』が6月25日に公開決定!吹替キャストに安元洋貴、森久保祥太郎、木村昴ら 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』の公開日が6月25日に決定。あわせて、日本語吹替版の声優陣が発表された。


 シリーズ累計発⾏部数が全世界で2億5000万部を超えるビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」。2018年に初めてハリウッドで実写映画化。今作はその続編となる。主⼈公・ピーター役には前作に引き続いて千葉雄⼤、都会をタフに⽣き抜き、ピーターを“モフワル”道へと導くボスウサギバーナバス役を哀川翔が担当する。今回発表された日本語吹替版の声優は、前作から浅沼晋太郎、鈴木達央、千葉繁が続投。さらに安元洋貴、森久保祥太郎、木村昴らが参加することが決定した。

 ピーターのかつての恋敵であり、続編でも相変わらず⽝猿の中であるトーマス・マグレガーを再び演じるのは浅沼。前作ではピーターにロンドンでの道案内もしてくれた都会派のまちねずみジョニー役には、鈴⽊。そして、千葉が“⾃分の鳴き声を合図に世界中の太陽が昇る”と信じ切っているハイパーハイテンションなニワトリ・JWルースター2世役を再び演じる。今作から新たに参戦するのは、ビアが描く絵本「ピーターラビット」を使って⼀儲けしようと野⼼を抱く出版社の社⻑・ナイジェル役に安元。バーナバスのワル仲間の一人、こねこのトム役を森久保。そして、⽊村が⼤道芸リス役を担当する。

 そして、絵本「ピーターラビット」の作者であり⼼優しいビア役には渋⾕はるか、ピーターのいとこであり、冷静な判断⼒を持つウサギ・ベンジャミン役は吉⽥ウーロン太、ピーターの三つ⼦の妹のフロプシー役は清⽔理沙、モプシー役は⽊下紗華、カトンテール役は下⽥レイがそれぞれ続投。前作からさらに息のあったプレーでピーターラビットのモフモフの世界を盛り上げる。

 浅沼は今回の決定について「今回はバーナバスというもふもふなワルが!どうかお友達と、恋⼈と、またはご家族で、あるいは気兼ねなくおひとりで、思いっきりお楽しみください」と呼びかけ。安元は「⼈間よりも⼈間らしい。チャーミングを突き詰めたらこの⼦達になる。そんな⾔葉がぴったりな作品です。想い、勢い、優しさ、などがギッチギチに詰まったこの作品。是⾮、お楽しみください」とコメント。鈴木は「前作に引き続き出演させていただきました。よりイタズラ⼼の強いフィルムの中に、さまざまな動物達が所狭しとはしゃぎ回ります。何処に誰が出てくるかはご⾃⾝の瞳で⾒つけてみてください。楽しんで観れること請け合いです」と語った。

 ほか、「幼少の頃から馴染みのあるあのピーターラビットに関われるなんて!と、嬉しく思いました。役柄も演じがいのある役柄でした。ピーターの可愛い葛藤に注⽬です」(森久保)、「⾒どころは何と⾔っても、歌!物語の様々なシーンを歌で盛り上げていくキャラクターなのですが、そのどの曲も、超絶ナイスな神選曲となっています!是⾮楽しみに、ご覧いただければ幸いです」(木村)と、それぞれコメントを寄せた。

 映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は、6月25日公開。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース