Web会議の「困った社員」ランキング、1位は「〇〇マン」 | RBB TODAY

Web会議の「困った社員」ランキング、1位は「〇〇マン」

IT・デジタル ネタ
Web会議の「困った社員」ランキング、1位は「〇〇マン」
Web会議の「困った社員」ランキング、1位は「〇〇マン」 全 1 枚
/
拡大写真
 クオリティアは27日、「ビジネスコミュニケーションに関する調査2021」を発表した。



 同調査は、全国の会社員など1000人を対象に、仕事でのコミュニケーションに関する困りごとなどを尋ねたもの。

 「テレワーカーが仕事でのコミュニケーションツール利用で困っていること」では、同率1位で「メールの処理に時間がかかる」「web会議で相手の反応が読みづらい」が挙がり、3位には「web会議で発言タイミングがつかめない」が続いた。

 さらに、Web会議利用時の「困った社員」を問う質問では、1位が「一切発言しない沈黙マン」、2位が「周囲がうるさい雑音マン」となり、以下に「発言が重なる被せマン」「キーボード音がうるさいカタカタマン」「しょっちゅう固まるフリーズマン」が続いた。

 これらのうち、発言被りやキーボード音などは、Web会議ではある程度は仕方ない現象。また、周囲の雑音やフリーズなども、テレワークを行う環境によっては完全に回避するのが困難なケースも多そうなので、これらを「迷惑」と言い切ってしまうのは少々気の毒かもしれない。

 一方で、1位に挙がった「一切発言しない」は、本人のコミュニケーションの問題ということになる。先の質問「テレワーカーが困っていること」でも発言タイミングに悩む声が挙がっていることを考えると、「発言しないマン」も、いろいろ考えた末に発言できずにいるのかもしれない。しかし、その結果、周囲から迷惑だと思われてしまうのは残念すぎる。Web会議参加時には、自分がそんな「迷惑な人」になっていないか注意したい。


<仕事でのコミュニケーションツール利用において、どのようなことで困っているか>
(テレワークを行うことがある人)
1位:メールの処理に時間がかかる
   web会議で相手の反応が読みづらい
3位:Web会議で発言タイミングがつかめない
4位:Web会議で相手の声が聞きづらい
5位:バラバラのツールで業務が煩雑になる
8位:メールの振り分けが上手くできない
9位:メールとチャットの使い分けに悩む
   Web会議で頻繁にフリーズする

<web会議利用で出現した“困った社員”ランキング>
1位:Web会議で一切発言しない沈黙マン
2位:Web会議で周囲がうるさい雑音マン
3位:Web会議で発言が重なる被せマン
4位:Web会議でキーボード音がうるさいカタカタマン
5位:Web会議でしょっちゅう固まるフリーズマン
6位:Web会議でミュートに気づかず話し続ける口パクマン
7位:Web会議で誰にも話させない演説マン
8位:Web会議でド派手な背景の目立ちたがりマン
9位:Web会議で困るとフリーズのふりをするパントマイムマン
10位:Web会議で背景の日光がまぶしい逆光マン

<ビジネスチャット利用で出現した“困った社員”ランキング>
1位:チャットで既読なのに返事をしない既読スルーマン
2位:チャットなのに長文を送ってくる長文マン
3位:チャットですぐの返信を求めてくる即レス要求マン
4位:チャットで言いたいことだけ言って去っていく自己中マン
   チャットで書きかけの文章を送ってくる誤送信マン
   チャットだと妙にフレンドリーな馴れ馴れしいマン
   チャットなのに『お疲れ様です』から始めるメールマナーマン
8位:チャットでムダ話ばかりのおしゃべりマン
9位:チャットの途中で突然いなくなる蒸発マン
10位:チャットの返しタイミングがみんなと違うテンポ乱しマン

《酒井麻里子》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース