上白石萌歌、連ドラ初主演!WOWOWで今秋スタート『ソロモンの偽証』 | RBB TODAY

上白石萌歌、連ドラ初主演!WOWOWで今秋スタート『ソロモンの偽証』

エンタメ 映画・ドラマ
上白石萌歌、連ドラ初主演!WOWOWで今秋スタート『ソロモンの偽証』
上白石萌歌、連ドラ初主演!WOWOWで今秋スタート『ソロモンの偽証』 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 女優・上白石萌歌が、今秋スタートの連続ドラマW『ソロモンの偽証』(WOWOW)にて連ドラ初主演することが発表された。


 同ドラマは、作家・宮部みゆきが、構想に15年、執筆に9年もの歳月を経て完成させた超⼤作であり、ミステリーの⾦字塔と謳われる同名小説が原作。WOWOW開局30周年記念として、完全ドラマ化される。原作は1990年代の公⽴中学校を舞台としているが、テレビドラマ版ではSNSが普及する現代の私⽴⾼校に置き換え、全8話という⻑編で宮部ワールドの世界観を描き出される。

 前代未聞の学校内裁判を主導する⾼校⽣・藤野涼⼦役を演じるのは、上⽩⽯萌歌。2012年にWOWOW『連続ドラマW 分⾝』にて⼥優デビューを果たし、約9年ぶりの出演となる今作で、連ドラ初主演を飾る。⼀⼈の同級⽣の転落死に疑問を感じ、⼤⼈たちの様々な思惑に翻弄されながらも“学校内裁判”で真実に迫るという役柄をどのように演じるのか。⼀⼈の転落死からはじまる不可解な出来事。動揺する⽣徒、困惑する保護者、体裁を気にする教師、騒ぎ⽴てるマスコミやSNS。⼀体、誰が真実を話し、誰が嘘をついているのか。謎に満ちた衝撃の真相とは︖

 上白石は自身の役柄について「脚本に並ぶ⾔葉がどれもとてつもない熱と⼒を帯びていて、発することで⾃分が負けてしまわないかと不安になるほどでした。藤野涼⼦は誰よりも責任感が強く、ひとりで多くのことを背負って⽣きる⼥の⼦です。彼⼥⾃⾝をどうにか救ってあげたいという⼀心で藤野涼⼦を⽣きようとしました」とコメント。視聴者に向けては、「さまざまなものが多く錯綜する中で、真実とは何か、偽りとは何か、正義とは何かを必死に問う物語です。真実に辿り着いた時、どんな光景が彼⼥たちを待っているのか、ぜひ⾒届けてください」と呼びかけた。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース