中条あやみ、初の日曜劇場!7月ドラマ『TOKYO MER』でチームの研修医演じる! | RBB TODAY

中条あやみ、初の日曜劇場!7月ドラマ『TOKYO MER』でチームの研修医演じる!

エンタメ 映画・ドラマ
中条あやみ(C)TBS
中条あやみ(C)TBS 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 中条あやみが、鈴木亮平主演の7月期日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS)に出演することが決定した。


 同作は、都知事の号令で新設された「TOKYO MER」と呼ばれる救命救急のプロフェッショナルチームが、危険な事故・災害・事件の現場で人々を助けるために命の危機に立ち向かう姿を描く作品。主人公の「TOKYO MER」チーフドクター・喜多見幸太役を鈴木亮平が演じ、医師でありながら厚生労働省の官僚でもあり、喜多見と対立する音羽尚役を賀来賢人が演じることが決定している。

 中条が演じるのは、「TOKYO MER」チームのメンバー・弦巻比奈役。彼女は心臓外科医を目指しつつも、MERチームを兼任するよう命じられる研修医。万全の医療体制のもとで患者とじっくり向き合うことが医師の仕事だと考えていた比奈は、瞬間的な判断ばかりが求められる救命救急に最初はモチベーションを見出せず、危険を顧みず現場でオペを強行する喜多見のやり方に反発していた。しかし、彼のオペ技術や素早い決断力、患者のために危険な現場に飛び込んでいく姿勢を目の当たりにし、次第に心が揺らいでいく。

 初の日曜劇場出演になる中条は「出演できる喜びを噛みしめつつも、これから闘いが始まるんだなと実感しています」とコメント。「救命救急の医療指導も受けさせていただきましたが、難しい医療用語や器具の使い方など覚えることが多く、共演者の方々においていかれないか不安もありました。でも、練習を重ね、みんなで力を合わせて作品を作っていくんだと思うと、もっと頑張りたいというパワーが湧いてきます」と語り、「一人一人の命を救いたいという医療従事者の方々の熱い思いを大切に、素敵で熱いドラマを皆様にお届けできればと思います」と思いを話した。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース