北川景子とやり直し決意するも永山瑛太に異動の話でまた波乱!?『リコカツ』第5話 | RBB TODAY

北川景子とやり直し決意するも永山瑛太に異動の話でまた波乱!?『リコカツ』第5話

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
(C)TBS 全 6 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 14日22時からは、ドラマ『リコカツ』(TBS系)第5話が放送される。


 咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、離婚はせずにもう一度最初からやり直そうと心を新たにする。その夜、紘一の母・薫(宮崎美子)が自宅に戻って来たと正(酒向芳)から連絡が入る。2人が駆け付けると、薫は旅館で働いた給与明細を正に見せ、正式に離婚を迫る。

 一方、紘一は咲の母・美土里(三石琴乃)から離婚宣告されて落ち込んでいた武史(平田満)を心配し、咲の実家へと向かう。するとそこには武史の浮気相手と思われる里奈(中田クルミ)の姿が。さらに美土里から離婚届を託された貴也(高橋光臣)もやって来て、紘一、武史、貴也、里奈の4人はすき焼きを囲むことに。

 そんな中、紘一に異動の話が持ち上がる。自宅と基地が離れていることを気にする上層部がいるというのだ。仕事のこと、咲とのことを考えた紘一は、基地に近い実家に引っ越そうと決意し、咲に提案。ところが、咲は小説家の水無月連(白洲迅)から「新境地を開くような小説を書きたい」とチャンスを与えられたばかりで、2人の意見は真っ向から対立して......。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース