井上咲楽、食用でコオロギを飼っていた「出汁が全然違う」 | RBB TODAY

井上咲楽、食用でコオロギを飼っていた「出汁が全然違う」

エンタメ その他
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 井上咲楽が、2日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。ワイルドな食生活を明かした。


 普段から美容にこだわっているという井上。スキンケアにはタンパク質が重要と語る彼女は、「昆虫でタンパク質をとっている」と告白。京野菜を食べさせて育ったコオロギを塩ゆでしたコオロギスナックを「めちゃめちゃ美味しいです」といいながら実際に食べ、「出汁が全然違う」と絶賛した。

 ちなみにコオロギのタンパク質の含有量(100グラムあたり)は、牛肉(もも)や鶏肉(ささみ)よりも高い66.4グラム。

 そんな井上は「ちょっと前までコオロギを食用で育てていた」と振り返り、「リモート収録をしているときにコオロギの声とかが入ってきちゃうので、うるさくて食べちゃいました」と話していた。

《杉山実》

【注目記事】

関連ニュース