佐藤二朗、生放送で涙…急に声つまらせる「いかん、いかん」と陳謝 | RBB TODAY

佐藤二朗、生放送で涙…急に声つまらせる「いかん、いかん」と陳謝

エンタメ その他
佐藤二朗【写真:竹内みちまろ】
佐藤二朗【写真:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 佐藤二朗が、12日放送の『土曜スタジオパーク』(NHK)に出演。主演するドラマの解説中、意外な一面を見せた。


 今夜から全5話で放送されるオリジナルドラマ『ひきこもり先生』。焼き鳥屋を営む主人公・上嶋陽平(佐藤)は、信頼していた友人に裏切られ、多額の借金を背負った心の傷から、ひきこもりに。結果、 当時5歳の娘、妻も捨ててしまう。以来、ずっと自分を責め続けている彼だったが、ひょんなことから公立中学校の非常勤講師となり、不登校の生徒が集まる特別クラス「STEPルーム」を受け持つことになる。

 佐藤はこの上嶋という役どころを演じた感想として「正直しんどかった」と吐露。「あまりにしんどすぎて、家に 帰って晩酌してもちょっとブルーな自分がいた」と振り返った。

 続いて、本作を通して伝えたいメッセージを語っていた佐藤だったが、不意に声をつまらせ涙目に。「…俺、急に泣きそうになっちゃった」と、泣き出すのをなんとかこらえた。

 突然こみ上げた感情に「…ごめん、ごめん、急になんだろう」と謝る佐藤。ハリセンボン近藤春菜は「上嶋さんに対する二朗さんの思いというのもすごく伝わりました」と返した。

 佐藤はそれでも「ごめん、ごめん、ごめん、いかん。いかん。生放送、いかんいかん」と陳謝。それでも彼は「ひきこもりは甘えではないかという声があるが、いちばん苦しんでいるのは本人、家族、周りの人」と主張。「このドラマで、甘えではないかという声は覆したい」と決意を語っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース