19歳の山中菜々子が「美笑女グランプリ2021」GP!「(喜びで)自分の名前を忘れました」 | RBB TODAY

19歳の山中菜々子が「美笑女グランプリ2021」GP!「(喜びで)自分の名前を忘れました」

エンタメ その他
19歳の山中菜々子が「美笑女グランプリ2021」GP!「(喜びで)自分の名前を忘れました」
19歳の山中菜々子が「美笑女グランプリ2021」GP!「(喜びで)自分の名前を忘れました」 全 8 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 吉本興業主催の「美笑女グランプリ2021」決勝大会が12日に開催。エントリー総数1,162名から大阪府出身の山中菜々子(19)がグランプリに輝いた。


 決勝大会には、MCを務めるスペシャルサポーターの井上裕介(NON STYLE)と吉田朱里、審査委員長の小籔千豊、ゲストのゆりやんレトリィバァ、渋谷凪咲(NMB48)、エルフらが出演。審査に当たったのは、審査委員長の小籔を筆頭に、すみれ(女優、歌手)、山田佳奈(劇作家、映画監督)、りゅうちぇる(タレント、アーティスト)ら。小籔は「新喜劇で伸びるか伸びないかを見てきた自信はある」と経験を誇りつつ、「(いつもやっている)競馬以上にチャクラを開いて審査したい」と意気込んだ。

 ファイナリストは、天野穂、乾らいむ、辻千晴、中村凛々子、西あげは、堀口叶夢、堀口愛叶、正岡日向、山中菜々子の9名。それぞれ、「特技審査」「笑顔にさせる力審査」を終え、最後の審査は、同グランプリ名物とも言える「手紙朗読」。「10年後の自分へ」というテーマで書いた手紙だが、読み上げる際に感極まって涙を見せるファイナリストもおり、審査員や吉田がもらい泣きする場面もあった。

 審査の結果、審査員特別賞に選ばれたのは、堀口叶夢・愛叶姉妹。仲よくトロフィーを受け取った2人は、「一緒にとれたのが、すごくうれしいです!」と声を揃えた。準グランプリは、14歳の西あげは。特技審査のダンスではミスをしてしまったそうで、「名前が呼ばれて、すごく安心しました」と涙ぐんだ。そして、グランプリに選ばれたのは、山中菜々子。高野からローブとティアラを授与されても、まだ信じられないという表情で、「(発表を待っている間)“ちゃうな”って思って立っていたので……一瞬、自分の名前を忘れました」と一言。続けて「うれしいです」と喜びを噛みしめた。

 囲み取材には、山中とともに小籔、りゅうちぇる、すみれ、井上、吉田、渋谷が出席。現在の心境をきかれた山中は、「今は(スタートラインに立つ前に)靴を履きかけたぐらいの感じだと思うので、ここから全力で走っていきたい」と表情をひきしめた。特技審査ではパワフルなチアダンスを披露したが、現在は大学に通いながら小中学生にチアの指導も行っているとのこと。一方、月に何度も劇場に通うお笑い好きの一面も持ち、特に好きな芸人には令和喜多みな実、爛々、衹園、見取り図、アインシュタイン……と若手コンビの名前が続々。今後については「大好きな芸人さんたちとお仕事できるように頑張りたいです」と意気込んだ。

 山中へのアドバイスを求められると、小籔は「自分はカスやと思って努力し続けることが大切。人は人、自分は自分。あなたの中で100%努力して、結果はどうあれ“よかったな”と思えるように過ごして。イキらず謙虚に頑張っていただけたら」と、辛口ながら熱いエール。これには山中も、「ずっと見ていた方たちから、自分に向けてありがたいお言葉をいただける日がくるなんて……超幸せです!」と感激の様子を見せた。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース