堀ちえみ、舌がん闘病を振り返る 現在は40周年記念ライブに向けて奮闘中 | RBB TODAY

堀ちえみ、舌がん闘病を振り返る 現在は40周年記念ライブに向けて奮闘中

エンタメ その他
堀ちえみ【撮影:鈴池】
堀ちえみ【撮影:鈴池】 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 堀ちえみが、15日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系 )に出演。歌への想いを語った。


 2019年、舌がんのステージ4と宣告された堀。頸部リンパ節や舌の6割を切除し、太ももの組織を移植する舌の再建手術が行われた。そのあとも闘病していたが、現在は復帰している。

 そんな彼女はデビュー40周年記念ライブに向けて奮闘中だという。「歌はリズムがあるので逆に体が覚えている」と告白。一方で、「かなりの腹筋と声量を使わないと(歌えないという)大変さがあるが、『だからできない』と思いたくない」ときっぱり。

 「逆にそういう障がいを持っていると、パワーがぶわっとね。押していけるパワーが底から湧いてくる」と言及。そうしたパワーが自分にあると気付けたのは、「この病気になったから」とも告げ、「ここまで私は歌うことに努力してなかった」と、これまでの歌手人生を振り返った。

 堀はまた「正直言って、(病気になって)良かったと思うことは何ひとつないし、痛いし、悲しい。でもそっちに目を向けるよりも、たくさん人の…」と言うと、笑福亭鶴瓶が引き取り、「それで勇気づけられてる人がめっちゃおるよ」と指摘。堀は「ですかね?だったら私、生きててよかったって思いますね」と安堵した。

 鶴瓶は、こうした病気について「中途半端に立ち話してわかるもんじゃないからね」とコメント。 「来ていただいて、ほんまによかった」と感慨にふけっていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース