Fukase、セカオワ解散危機語る Saoriと口を聞かないほど険悪だった | RBB TODAY

Fukase、セカオワ解散危機語る Saoriと口を聞かないほど険悪だった

エンタメ その他
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 SEKAI NO OWARI・Fukaseが、16日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演。メンバーと険悪だった過去を振り返った。


 占い師の木下レオンから「26歳(2011年)のとき、ご自身の中で、このままやっていけるかなという複雑な気持ちが出てきた。仲たがいが起きる、仲間とのトラブルなど…」と鑑定された。これに対してFukaseは言い当てられたのか思わず笑ってしまい、「なるほどね」と納得。

 「バンドをやっていくことに自信がなくなってしまった。重いというか、続けていけるのかな」と不安に襲われていたと語り、「解散するかなと思っていた」と重大告白。「メンバーの仲も最悪になり、特にSaoriと仲が悪くなり始めた。口もきかなくなった」と回顧。

 Fukaseは1人、大阪へ行き、そこで購入した自転車で京都へ。そこでしばらく滞在していたという。「その時に明確な答えは何も見つからなかった」としつつ、代表曲『RPG』を作るキッカケになったと明かしていた。

《杉山実》

【注目記事】

関連ニュース