『リコカツ』幸せのサプライズで感動フィナーレ!続編&スペシャル化のラブコール続々 | RBB TODAY

『リコカツ』幸せのサプライズで感動フィナーレ!続編&スペシャル化のラブコール続々

エンタメ その他
(C)TBS
(C)TBS 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 北川景子主演の金曜ドラマ『リコカツ』(TBS系)の最終回が18日放送され、その結末に視聴者が感動した。


 咲(北川)がパリでの3年間の研修期間を終えて帰国する日。突然彼女から「今日帰れなくなった」という連絡が入る。再会を待ち望んでいた紘一(永山瑛太)は「自分は君をどれだけ待ったと思っているんだ?」と戸惑う。

 「そんなに早く会いたいの?」「(小声で)それは会いたいに決まってる」「ごめん、聞こえなかった」「会いたいに決まってると言ったんだ!」「珍しく素直だね」…だがその直後、咲のスマホが切れて画面が落ちる。さらに困惑する紘一の前に、咲が「サプラーイズ!」と言いながら現れる。

 「自分の心をもてあそんで、許せん。離婚だ、離婚!」と、まだ入籍していないにも関わらず激高する紘一だが、久しぶりに見る咲に思わず笑みがこぼれる。そして再会のハグ。だが、それでもやはりキスはできない紘一。最後は咲からキスしようと背伸びをするため、足元が映って終わる。

 最後まで小競り合いを繰り広げながらも仲睦まじい2人。また、3年経っても相変わらず、紘一は奥手な紘一のままだった。SNS上では「ハッピーエンドで良かった」「プチサプライズはほっこりするな」「3年も待つ紘一さん凄いわ」「最後まで紘一からはキスできないっていう可愛いオチで笑った」など、幸せな結末を喜ぶ声が。

 さらには「夫婦のその後が観たい。 子供出来たらどうなるのかなとか。面白そう」「年末年始あたり、スペシャル版…期待しています」など、続編やスペシャル化のラブコールも寄せられている。

 なお、公式ツイッターでは北川と永山の2ショット写真も掲載されている。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース