長澤まさみ、『ドラゴン桜』生徒役の成長を実感「精悍な顔つきになっていった」 | RBB TODAY

長澤まさみ、『ドラゴン桜』生徒役の成長を実感「精悍な顔つきになっていった」

エンタメ その他
長澤まさみ【撮影:編集部】
長澤まさみ【撮影:編集部】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 長澤まさみが、26日放送の『王様のブランチ』(TBS系)で、明日最終回を迎える日曜劇場『ドラゴン桜』(同系)について言及した。


 この日、インタビューVTRの中で、東大合格をめざす生徒を演じているキャストが集結。長澤のほか、主演の阿部寛に対する印象などを語った。藤井遼を演じている鈴鹿央士は、「第3話で初めて(本格的に)喋るとき、すごい悩んでいた」と回顧。すると長澤から「自分がやりたいようにやってみたら?」とアドバイスされ、「そこから、やる気が爆上がりしました」と述べた。

 こうした生徒役の俳優について長澤は「どんどん精悍な顔つきになっていった。たくましくなっていった」と目を細め、「画面に映る姿が、(撮影期間の)始めと終わりとでは全く違った」と吐露。さらに鈴鹿に限らず、生徒役には助言しているそうで、「自分が若い時、先輩方から教えてもらったようなことを、『私のときはこんなふうに聞いたよ』という言い方で伝えていた」と明かしていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース