今どきの格安SIMの最新事情! 新プラン登場でますますお得な「nuroモバイル」が最強だった | RBB TODAY

今どきの格安SIMの最新事情! 新プラン登場でますますお得な「nuroモバイル」が最強だった

IT・デジタル その他
今どきの格安SIMの最新事情! 新プラン登場でますますお得な「nuroモバイル」が最強だった
今どきの格安SIMの最新事情! 新プラン登場でますますお得な「nuroモバイル」が最強だった 全 4 枚
拡大写真
 大手キャリアが“オンライン申込専用の格安料金プラン”を発表したことで、スマホの利用料金を巡る競争がますます激化している。その動きは格安SIMにも影響を与えているようで、従来にないような料金プランを打ち出すキャリアも現れているようだ。

 新生活シーズンに区切りがついたことで、各キャリアの料金プランもほぼ固まってきたように思える。そこで「乗り換えるべき格安SIMは何か?」を、今こそ検討してみたい。


主要な格安SIMの5GBプランを比較してみた



 格安SIMへの乗り換えに当たって、筆者が注目したのが容量5GB前後のプランだ。一般的にコスト最安なのは容量3GB前後のプランだが、筆者の使い方ではテザリングをほぼしないでいても、容量が足らない月が出てくる。

 そこで、容量5GB前後のプランについて、大手格安SIMのキャリアのものを調べてみたところ、以下のような結果となった。

【主要格安SIMキャリア 音声通話機能付きSIMプラン】
・IIJmio「ギガプラン」……4GB/税込1078円
・イオンモバイル「音声プラン」……5GB/税込1518円
・OCN モバイル ONE……6GB/税込1320円
・DTI SIM……5GB/税込2112円
・nuroモバイル「VMプラン5GB」……5GB/税込990円
・BIGLOBE SIM……6GB/税込1870円~
・mineo「デュアルタイプ」……5GB/税込1518円
(※2021年6月時点)

 こうしてみると、月額990円のnuroモバイルが、主要キャリアの中でも頭一つ抜けて安い。NUROと言えば、「ずーっと月額980円」のCMでお馴染みだが、どうやら光回線インターネットと同じように格安SIMでもコスパは抜群なようだ。しかも、サービスを提供しているのがソニーグループの会社ということで、なんとも言えない安心感がある。

ダミー


3か月ごとに3GBプレゼント、さらに通話料が半額!?



 現時点では格安SIMの選択肢として有力候補なnuroモバイルだが、魅力的なのはその価格だけではない。詳しく調べてみたところ、いろいろとお得なサービスが用意されていた。中でも、特にインパクトが大きかったのが、継続利用でお得に使える「Gigaプラス」だ。

 この「Gigaプラス」の何が凄いかというと、3か月ごと(※)に無料で使えるデータ容量をプレゼントしてくれること。今回契約を考えている「VMプラン5GB」であれば、付与月に受け取りの手続きをすることで、追加で3GBのデータ容量が利用できるようになる。

※新規・MNP申し込みの場合は利用開始月を除く3か月目から3か月ごと。プラン変更の場合はプラン変更月を除く2か月目から3か月ごと。

 ようするに、「VMプラン5GB」なら毎月1GBずつ容量を多く使うこともできるので、実質6GBのプランに契約したのと同じということになりそうだ。ちなみに、この容量の有効期限は3か月まで。もちろん通常契約の5GBは、余った分だけ翌月に繰り越せるので、かなり余裕をもった運用ができるだろう。

ダミー

 さらに、通常は30秒あたり22円かかる通話料についても、割引通話サービス「nuroモバイルでんわ」を使って使うことで、半額の11円で利用できるようになる。10分以内の通話がかけ放題になる「10分かけ放題オプション」(月額880円)も用意されているので、音声通話についてもかなりお得に利用できそうだ。

ダミー


回線は3キャリア対応! MNP転出手数料&2年縛りなし



 nuroモバイルの格安SIMなら、「容量にゆとりを持ちながら、かなりお得にスマホが使えそう」というのは分かった。では、実際の使い勝手はどうなのだろう? 具体的には速度と対応エリアの問題だが、これについても調べている中で安心材料が見つかった。

 その一つがnuroモバイルは3大キャリアに対応していること。今使っているキャリアの電波は、自宅だと届きにくい部屋があったので、他のキャリアの電波を選択できるのは正直ありがたい。

 さらに、短期的に大容量のデータを送受信した時に発生する、いわゆる“3日間の通信速度制限”がないのも嬉しいポイントだ。容量を使い切った後は最大200bkpsでの利用が継続され、初速バーストもあるので、ブラウジング程度であればそのまま使い続けるもよし。速度が必要になったら「容量チャージ」(550円/1GB)を行えばよい。

 また、MNP転出手数料がなく、2年縛りのような契約・解約金が無いのも、今どきの格安SIMらしいサービス設計といえるだろう。そして、驚くことに申し込みを行えば、プランによっては最短当日でSIMカードを発送してくれるらしい。これなら、今使っているキャリアからの乗り換えも、気軽に行うことができそうだ。

SIMカード

 ここまで調べてきた中で、nuroモバイルは価格的にも、サービス内容的にも優れたサービスと言えそうだ。縛りが一切ないので、気軽に乗り換えて実際の使い勝手を試せるのもありがたい。さて、月末になったら今使っているキャリアを解約して、nuroモバイルに利用申し込みを行うとしますか!

nuroモバイル バリュープラスの詳細はこちら

《とびた》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース