児嶋一哉、「日曜劇場」初出演の佐藤栞里に“先輩”として珍アドバイス | RBB TODAY

児嶋一哉、「日曜劇場」初出演の佐藤栞里に“先輩”として珍アドバイス

エンタメ その他
児嶋一哉(アンジャッシュ)【編集部】
児嶋一哉(アンジャッシュ)【編集部】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 アンジャッシュ児嶋一哉が、3日放送の『王様のブランチ』(TBS系)で、佐藤栞里に珍アドバイスをした。


 この日、新・日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(同系)のキャストが集結。その中で役者の1人としていたのが、同『ブランチ』のMC・佐藤。彼女は鈴木亮平演じる主人公・喜多見幸太の妹・涼香役で登場している。

 連ドラのレギュラー出演は初めてという佐藤がそのプレッシャーを語る中、オリエンタルラジオ藤森慎吾が「ブランチで『日曜劇場』といえば、すでに出演を果たしている…」と話題を移した。

 続いてカメラが抜いたのは、すでに顔を作り、俳優モードに入っている児嶋。彼は昨年の日曜劇場『半沢直樹』(同系)に出ていることから、藤森が「ちょっと宜しいですか? 児嶋さんのほうからアドバイスをいただいても」と求れた。

 佐藤が真剣に聞き入ろうとする中、児嶋は「バラエティと違って、ドラマのスタジオって、お弁当が出ないことあるから、ちゃんと食堂の位置とか把握しとかないと」と“助言”。

 これに藤森は「なんのアドバイスだよ!」とツッコミ。だが佐藤は大笑いしながらも「分かりました。ありがとうございます」と素直に受け取っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース