宮脇咲良、HKT48卒業で七夕の願い事に変化 | RBB TODAY

宮脇咲良、HKT48卒業で七夕の願い事に変化

エンタメ その他
宮脇咲良【写真:竹内みちまろ】
宮脇咲良【写真:竹内みちまろ】 全 4 枚
拡大写真
 今年4月にIZ*ONEでの活動を終え、6月にHKT48も卒業した宮脇咲良が6日、都内にて開催された「KDDI × OPENREC.tv 業務提携に関する発表会」に出演した。

 イベントでは発表内容に合わせてゲームが話題にあがった。宮脇は「私は小学1年生のころに(ニンテンドー)DSが出たので、そのときからゲームにずっと関わっています」と述懐。「普段はどのくらいゲームをされているのですか?」と質問を向けられ、「朝の7時くらいまでやるときもあります」と明かす一幕もあった。

 また、イベントは七夕の前日に開催。宮脇は「私は毎年決まって、世界平和をお願いしています」と告げ、「13歳からアイドルをしていて、毎年、アイドルのイベントで書かされるので、いつも『世界平和』と書くようにしていました」と振り返った。

 ステージ上で短冊に願い事を記す企画も行われ、宮脇は「エイム力向上」(エイム力はゲーム用語で“狙いを定めて相手を撃つ力”など)と書き記した。

 「どのゲームをするにもエイム力って必要かなと思うので。私は(ゲームが)好きなのですが下手な方なので、ゲームが少しでも上手になればと思って、この願い事を書きました」と紹介。MCから「世界平和はどこに行ったのですか?」と突っ込まれると、「(アイドルは)卒業したので(笑)」と笑顔を浮かべていた。

 発表会には、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE 海沼流星も出演した。

《竹内みちまろ》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース