【6月の中古スマホランキング】iPhoneシリーズが販売数落とす中、Androidが伸ばす珍しい月に | RBB TODAY

【6月の中古スマホランキング】iPhoneシリーズが販売数落とす中、Androidが伸ばす珍しい月に

IT・デジタル スマートフォン
写真はイメージです(価格は現在のものではありません)
写真はイメージです(価格は現在のものではありません) 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 ゲオホールディングスが、6月の中古スマホ人気ランキングを発表した。前回はキャンペーン効果もあり、「iPhone 7」シリーズの販売数が急増していたが、今回はどのような結果になったのか?


■販売
・docomo
【1位】Samsung Galaxy A21 2020年10月23日発売 13,455円
【2位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 21,637円
【3位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 16,182円

・au
【1位】SHARP AQUOS sense3 basic 2020年6月19日発売 11,637円
【2位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 19,189円
【3位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 16,182円

・SoftBank
【1位】Apple iPhone7 32GB 2016年9月16日発売 12,546円
【2位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 19,189円
【3位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 16,182円

・その他
【1位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 22,546円
【2位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 18,000円
【3位】Huawei P20 lite 2018年6月15日発売 9,819円

 先月、ドコモで1位を獲得した「Galaxy A21」に続き、auでもAndroidの「AQUOS sence3 basic」が1位となり、キャリアショップや家電量販店でキャンペーン販売されている端末の好調が目立つ結果となった。今後について、ゲオの小林氏は「2~3か月後には、同様にキャンペーン販売されており、買取が好調なSoftBank『Redmi Note 9T』も上位にランクインしてくると予想されます」とコメント。

 また、全体を通じて「先月と比較すると、iPhoneシリーズが軒並み販売数を落としている中、Androidは伸ばしている端末が多いという珍しい月になっています」とした。

 次に、買取ランキングを見ていく。

■買取
・docomo
【1位】サムスン GALAXY A21 2020年10月23日発売 4,000円
【2位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日発売 9,000円
【3位】Apple iPhone 7 128GB 2016年9月16日発売 5,500円

・au
【1位】AQUOS sence3 basic 2020年6月19日発売 3,000円
【2位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日発売 9,000円
【3位】Apple iPhone 7 32GB 2016年9月16日発売 5,000円

・SoftBank
【1位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日発売 8,000円
【2位】Apple iPhone 7 128GB 2016年9月16日発売 5,500円
【3位】Apple iPhone 7 32GB 2016年9月16日発売 5,000円

・その他
【1位】Apple iPhone SE 第2世代64GB 2020年4月24日発売 31,000円
【2位】Apple iPhone SE 第2世代128GB 2020年4月24日発売 34,000円
【3位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日発売 11,000円

 ドコモでは「Galaxy A21」、auでは「AQUOSsense3 basic」、Softbankでは「iPhone8」が1位を獲得する結果となった。これは先月と同様の順位。掲載ランキング外ではあるが、ドコモで「Xperis Ace II」が198位から6位へと大きくランクアップしているほか、SIMフリー機では「Redmi 9T」や「OPPO A73」も順位を上げている。これらについて小林氏は「前者はMVNOを中心に、後者は楽天でのキャンペーン販売の影響で買取数が増加したと推測しています。今まであまり目にしなかったMVNOのキャンペーン販売も増加傾向となっており、今後対象端末が多くランクインしてくるかもしれません」と予想した。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース