櫻坂46&日向坂46、初の合同ライブ『W-KEYAKI FES.2021』が終了! | RBB TODAY

櫻坂46&日向坂46、初の合同ライブ『W-KEYAKI FES.2021』が終了!

エンタメ 音楽
『W-KEYAKI FES.2021 DAY-3』 ライブ写真(撮影:上山陽介)
『W-KEYAKI FES.2021 DAY-3』 ライブ写真(撮影:上山陽介) 全 9 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュース

 櫻坂46と日向坂46が7月9日~11日の3日間、初の合同野外ライブ『W-KEYAKI FES.2021』を開催。同じ欅から生まれ、それぞれ成長を続ける2グループが かつて『欅共和国』を行ってきた“聖地”ともいうべき富士急ハイランドコニファーフォレストに集結した。

 初日は櫻坂46のソロ公演。ライブ序盤はあいにくの雨にもかかわらず、圧倒的なパフォーマンスを展開。この日は春から休養中だった尾関梨香もライブに復帰し、元気そうな笑顔を観客に届けた。

【グルメ PICK UP】
※都内の超人気カレーパンを食べ比べ! 冷めても美味しい絶品カレーパンを発見!※「高級生食パン」を食べ比べ! 満場一致であのブランドが1位に…!※一足早い初夏の絶品ケーキ!コストコの「マンゴームーススコップケーキ」

 日向坂46のソロ公演が行われた2日目は晴天に恵まれた。期別楽曲を含む最新シングル「君しか勝たん」からのナンバーや、ヒット曲の数々を連発。トロッコなどを用いたパフォーマンスで観る者を魅了し続けた。

 そして最終日となる3日目は初の試みとなる櫻坂46と日向坂46の合同ライブ。幸運にも2日連続で晴天のもと行われた今回のライブは、まずオープニングで両グループのメンバーがステージ上に一堂に会し、ライブへの意気込みを語った。それぞれのグループカラーである桜色、空色が施された衣装を着たメンバーは「いつか合同でやれたらと思っていたけど、こんなに早く実現するとは」(佐々木久美)、「今年の夏一番の思い出になるように」(井上梨名)と思い思いのコメントを寄せた。

 この日は櫻坂46と日向坂46が交互に楽曲を披露する形でライブは進行。それぞれが全力のパフォーマンスを展開する中、日向坂46のパートでは会場両サイドに分かれて大きなウェーブを作るなどして、会場の一体感を高めていく様子、さらに、この機会に親密になった両グループの交流に触れつつ、さまざまなエピソードが明かされていった。

 ライブ終盤では、両グループのキャプテンである菅井友香、佐々木久美の2人がMCを担当。それぞれ新たな衣装に着替えた2人は、お互い初日、2日目の単独公演を観た感想を伝え合い、佐々木が「櫻坂46さんは美しく、神々しい」と口にすると、菅井は「日向坂46で好きな曲は「青春の馬」。いつか私たちも(タイトルに)“馬”が入った曲が欲しい」と語り、場を和ませた。

 そして最後は両グループのキャプテンが挨拶。菅井が「お互い改名したけど、根っこは同じ」、佐々木が「これからもお互い高みを目指していきたい」と語り、2グループでは久しぶりの披露となる「W-KEYAKIZAKAの詩」を全員で歌唱。盛大な花火とともに3日間に及ぶ合同ライブが終了した。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース