櫻坂46・齋藤冬優花は「会計トレー」マニアだった!土田晃之も興味津々 | RBB TODAY

櫻坂46・齋藤冬優花は「会計トレー」マニアだった!土田晃之も興味津々

エンタメ その他
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 櫻坂46・齋藤冬優花が、25日放送の『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)に出演。コンビニやスーパーなど、購入商品の精算時によく見る「会計トレー」マニアであることを明かした。


 レジ前に置いてある、皿のような形をした「会計トレー」。齋藤は「レジが大好き。レジの中でもお会計トレーが特に好きで集めていた」と語り、「買ったりもしていたが、近所の自転車のおじちゃんに『どうしても欲しい』とお願いして譲ってもらったものもある」と告げた。

 だが、自転車から譲ってもらったという一番のお気に入りのトレーは汚れがひどくて、なぜか家にないということから、今回はそれ以外の5つのトレーコレクションをスタジオに持ちこんだ。さらに、幼いころから集めてきた珠玉の5つから最も好きなトレーを選ぶと自ら宣言したものの、底のゴムの手触りを確かめると「やっぱり選べないです」と迷ってしまった。

 さらに彼女はポイントが高いトレーについても解説。「フチが透明」「底に文字や書いてある。お店の名前が入っていると、なおレア」「使い古したものだと底のゴムが剥げて来てツルツルになってきている」などと熱弁。

 また「家でよく使ってたのが」と切り出し、「家で1人でお店屋さんごっこをやっていた」と回想。「そのときに気分で使い分けてたトレーたちがこれで…」などと、“好き”が伝わるプレゼンを展開。

 土田晃之が「最近はスーパーでも自分で機械に入れるから、どんどん(トレーを)見なくなる」と指摘されると、「ちょっと悲しいです」と嘆く齋藤。その姿に土田は「ほんとにマジで『タモリ倶楽部』あるかもよ」と太鼓判。ハライチ澤部佑も「タモリさん好きそう」と、夢の番組出演を望んでいた。

《杉山実》

【注目記事】