平愛梨、久々のテレビ出演も天然健在!夫の機転に感心「この人、医者にもなれる」 | RBB TODAY

平愛梨、久々のテレビ出演も天然健在!夫の機転に感心「この人、医者にもなれる」

エンタメ その他
平愛梨【撮影:編集部】
平愛梨【撮影:編集部】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 長友佑都の妻である平愛梨が、28日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に初出演。夫に感心したという意外な出来事を明かした。


 スタジオ収録が4年ぶりの平は、息子が学校から帰ってくるなり、「ママ取って、取って」と不安げな表情を浮かべながら、鼻にある異物を取り出してほしいと懇願してきたエピソードを披露。

 息子の鼻の中にあったというのが、学校の工作で作った小さな鈴。これをイタズラで鼻に詰めてしまったよう。そこで平が「(息子に)『フンフンして』と言ったら、『吸う』って間違えちゃって吸っちゃって、余計に奥まで行ってしまった」と説明。

 だがちょうどそのとき、家に長友がいたこともあり、平が慌てながら「ねぇ見て。どうしたらいいの?」と鼻の中を携帯のライトで照らして、取り出す方法を相談。すると夫は、「鈴の金具がこちらを向いているから、何か細い棒が欲しいんだよね」と至って冷静に、処置に必要な道具を指示。

 そこで平は、髪の毛に付ける“Uピン”のことを思い出し、その場に持っていったという。続けて「(長友は)それを伸ばして(先の部分だけ)傘(の柄)みたいに折って、鼻を広げて取ってくれたんですよ」と振り返った。

 その上で彼女が「もうすごい、この人、医者にもなれるんだと思って」と感激すると、スタジオから笑いが。フットボールアワー後藤輝基から「いやいや、なれへん。なれへん」と指摘されていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース