お笑い芸人のみ36人集結で本気の歌・演奏披露…『UTAGE!』夏の特別編 | RBB TODAY

お笑い芸人のみ36人集結で本気の歌・演奏披露…『UTAGE!』夏の特別編

エンタメ 音楽
(C)TBS
(C)TBS 全 4 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 8月6日19時からは、「『UTAGE!』夏の特別編~お笑い芸人が本気で歌ってみた~」(TBS系)が4時間にわたって放送される。


 同番組ではこれまで、UTAGE!アーティストたちが視聴者のリクエストに応えるかたちで展開されてきたが、今回は番組史上初めて、お笑い芸人だけが出演。本気で歌&演奏のチャレンジコラボを繰り広げる。MCは中居正広、そしてアシスタントは舞祭組の宮田俊哉が務める。

 平成軍はフットボールアワーがリーダーとなり、もう中学生、ハリセンボン・近藤春菜、どぶろっく、トレンディエンジェル・斎藤司など17名が集結。対する令和軍はEXITがリーダーとなり、3時のヒロイン、おいでやすこが、錦鯉・長谷川雅紀、パーパー・ほしのディスコ、Everybodyなど19名が集い、本気の歌や演奏でガチンコ対決する。

 「本気アカペラ対決!」では、令和軍から、リードとコーラスにEXIT、ほしのディスコ、3時のヒロイン・ゆめっち、河邑ミク、ボイパにこがけん、ベースに鬼越トマホーク・金ちゃんという歌自慢7人が菅田将暉の「虹」に挑戦する。息を合わせた見事なハーモニーを披露できるのか?対する平成軍は、フットボールアワーの後藤輝基がリード、岩尾望がラップを担当。2人を支えるコーラスにエハラマサヒロ、トレエン・斎藤、ボイパに森三中・黒沢かずこ、ベースにアイロンヘッド・辻井亮平という布陣でGReeeeNの「キセキ」に挑戦。ボイパ初挑戦の黒沢と男性陣のハモリとラップは融合するのか?

 「メドレー対決」では、「お笑い芸人が思い出の曲を本気で歌ってみた」と題し、思い出に残る大切な一曲を「思い出ソングメドレー」として全力で歌う。令和軍は、3時のヒロイン、錦鯉・長谷川など6組がエピソードを交え本気の歌唱を披露。おいでやす小田の歌唱中に、同期芸人が登場するサプライズがあり、小田が大声でツッコむ場面も。対する平成軍は、どぶろっく、もう中学生など7組がそれぞれの思い出と共に歌を披露。椿鬼奴はキラキラしたスパンコールのドレスをまとい、ホイットニー・ヒューストンになりきって登場。しかし、歌い出した途端、空気が一変…。果たしてその理由とは?

 「芸人が本気で歌って踊る完コピメドレー」では、誰もが知る大ヒットソングの歌&ダンスの完全コピーを目指す。最後は、「楽器を使った生演奏に挑戦!」。ギターをアイロンヘッド・辻井、キーボードを餅田コシヒカリが担当し、令和軍リーダー・EXITの兼近大樹がボーカルでB’zの「今夜月の見える丘に」を絶唱。さらにEXITのりんたろー。も負けじと玉置浩二の「メロディー」を歌い上げる。一方、平成軍はコンビ歴22年にして、2人で歌唱&演奏に挑戦するのは今回が初というフットボールアワーが、ボーカル・岩尾、ギター・後藤でMr.Childrenの「Tomorrow never knows」に挑む。果たして番組のトリとなるフットボールアワーのラストソングは成功するのか?

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース