おいでやす小田、ブレイク後も倹約ぶり変わらず「ペットボトルを買うのも躊躇」 | RBB TODAY

おいでやす小田、ブレイク後も倹約ぶり変わらず「ペットボトルを買うのも躊躇」

エンタメ その他
おいでやす小田(C)フジテレビ
おいでやす小田(C)フジテレビ 全 8 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 30日21時58分からは、『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)が放送される。


 “お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールの下、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合う同番組。今夜の放送でMCを務めるのは、松本人志とフットボールアワー(岩尾望、後藤輝基)。ゲストには生駒里奈、おいでやす小田、要潤、根本宗子が登場する。

 長い下積み生活を経て、昨年の『M-1グランプリ』で大ブレークした小田は、「10年前に買った折りたたみ傘をいまだに使っている」「ペットボトルを買うのも躊躇する」など、倹約家であることを明かし、そこから芸能人の“倹約”の話題へ。松本や要が意外な倹約術を語る中、生駒は「乃木坂46時代からずっと貯金をしていて…」と明かす。これに後藤が「売れているときはそれを実感したらいいのに!」と返すと、「怖いんですよ!」と切実な事情を語り始める。

 さらに、要は「皆さんは“生理的に無理なもの”ってありますか?」と質問。実は、要はある意外な生き物が「家の近くに出たら引っ越すぐらい苦手」なのだと明かし、一同を驚かせる。そして、「一度それが家のベランダに出たことがあって…」と、大パニックに陥った出来事を明かして笑いを誘う。また、若手劇作家として活躍する根本は、かつて銀座のクラブでアルバイトをしていた際、ある事件がきっかけで、「酔っ払っているおじさんたちが食べる“あるもの”がトラウマになってしまった」と語る。ほか、根本が悩む“ありがた迷惑”の話題や、生駒が考える“終活”の話題も。さらに、小田の持ちネタがきっかけで波乱の展開に!?

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース