乃木坂46・与田祐希、ドラマ『日本沈没』衣装で料理に挑戦!独特な調理法にウエンツ驚き | RBB TODAY

乃木坂46・与田祐希、ドラマ『日本沈没』衣装で料理に挑戦!独特な調理法にウエンツ驚き

エンタメ その他
与田祐希【写真:竹内みちまろ】
与田祐希【写真:竹内みちまろ】 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】

 乃木坂46・与田祐希が、22日配信のTBS公式チャンネルで、料理を披露した。

 現在放送中の日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(同系)で居酒屋店員を演じている与田。そこで今回は、居酒屋料理の代表格「肉豆腐」に挑戦。レンジで簡単にできる作り方を紹介した。

 同作に同じく出演しているウエンツ瑛士が、手元のレシピを読み上げながら与田に指示を出していったのだが、「耐熱ボウルに調味料を入れたら混ぜ合わせる」と言われた際、彼女は箸で調味料を混ぜるのではなく、手でボウルごと回すという“荒業”を魅せた。これにウエンツは「その混ぜ方するの初めて見た」と驚き。

 また、キッチンペーパーで包んだ豆腐をレンジで加熱したあと6等分することになっていたのだが、豆腐を手に持った与田はその熱さに思わず豆腐を落としてしまい、そのままパックリ割れて“2等分”に。ウエンツは「ナチュラル2等!」とびっくり。

 この後、自然と2等分された豆腐を6等分に切る際、彼女は微妙な位置に包丁を入れてしまい、大きさが極端に違う豆腐が誕生。さらに牛肉を入れて混ぜ合わせる際、1個の豆腐が崩れて7等分になってしまった。

 こうして肉豆腐に悪戦苦闘した与田だったが、完成した品を食べると、「胃袋つかまれました」と、自分を高評価。ウエンツは「自分で自分の胃袋つかんだ!?」と仰天。ちなみに「最近作った料理は?」と聞かれた与田は「納豆かけご飯」と回答。「“めかぶ”も入れました」と話していた。



【PICK UP グルメ】

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース