乃木坂46・田村真佑、秋元真夏の第一印象は「怖かった。ニコニコしてる方に限って…」 | RBB TODAY

乃木坂46・田村真佑、秋元真夏の第一印象は「怖かった。ニコニコしてる方に限って…」

エンタメ その他
秋元真夏【撮影:浜瀬将樹】
秋元真夏【撮影:浜瀬将樹】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】

 乃木坂46・田村真佑が、24日放送の『秋元真夏(乃木坂46) 卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ サンデー』(文化放送)に出演。秋元の第一印象を語った。

 18年12月、4期生として初お披露目されてから3年。キャプテン秋元について聞かれた田村は「最初は怖かったです。こうやってニコニコしてる方に限って、やっぱり裏ではめっちゃ怖いんじゃないかとずっと思っていたので」と正直に吐露。これに秋元は「ガチのボスじゃん、裏番(裏の番長)じゃん!」と驚き。

 田村は続けて、秋元に接して感じたこととして「裏でもずっとこんな感じだから。ずっとニコニコしてるし、後輩側からしたら一番最初に話しかけやすいのが『まな(秋元)ちゃん』と言う子が圧倒的に多かった。それぐらい裏表がない」と述べた。

 すると秋元は「こうなってくると気になっちゃうけど、(乃木坂で)裏表ある人いる?」と質問。すると田村は「裏表ある人ですか?…」と言って一瞬、間が空いた。これに秋元は「私、『いないですよ』って言ってくれると思ったら、考えこみ出したから焦っちゃった」と苦笑い。

 田村は「乃木坂にはいない気がします」と答えると、秋元は「良かった良かった。キャプテンとして安心しました」と安堵していた。


【PICK UP グルメ】

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース