『カムカムエヴリバディ』18話で流れた「玉音放送」は2015年に初公開された“原盤”! | RBB TODAY

『カムカムエヴリバディ』18話で流れた「玉音放送」は2015年に初公開された“原盤”!

エンタメ その他
『カムカムエヴリバディ』18話で流れた「玉音放送」は2015年に初公開された“原盤”!
『カムカムエヴリバディ』18話で流れた「玉音放送」は2015年に初公開された“原盤”! 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】

 24日放送のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の第18話では、終戦を告げる「玉音放送」が流れた。

 多くの国民が日本の敗戦を知った1945年8月15日の玉音放送。同18話の劇中では、「朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり」というくだりだけ使われているが、これらを聞いた美都里(YOU)が「どういうことですか?」と千吉(段田安則)に尋ねる。千吉が「戦争が終わった」と答えると、美都里は「終わったんですか? 戦争が?」と未だに信じられない様子で聞き返す。

 この音声はNHKによると、「玉音放送」の音声を記録したレコード盤「玉音盤」の原盤とのこと。戦後70年を経て宮内庁より2015年8月1日初めて公開されたという。これまでドラマなどで頻繁に耳にしてきた昭和天皇の「玉音放送」は、「玉音盤」そのものの音声ではなく、終戦の翌年、GHQ(連合国軍総司令部)の命でつくられた「玉音盤」をコピーしたものの音声とのこと。このコピーに比べて原盤のほうがクリアに聞こえるという。

 詳細はNHKアーカイブスに記載されており、天皇が朗読された全文も書かれている。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース