今泉佑唯、1年ぶりの女優復帰で思い「消えてしまいたいと思うこともあった」 | RBB TODAY

今泉佑唯、1年ぶりの女優復帰で思い「消えてしまいたいと思うこともあった」

エンタメ ブログ
今泉佑唯【写真:竹内みちまろ】
今泉佑唯【写真:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】

 女優・今泉佑唯が28日、ブログを更新。約1年ぶりの女優業復帰の思いをつづった。

 今月19日~21日に上演された舞台『修羅雪姫』で主演を務め、女優復帰を果たした今泉。冒頭ではまず、「皆様の大切なお時間を割きご来場いただき本当にありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。

 そして「この数ヶ月、生きていることを否定されたり、幸せになれない人だとSNSやいろいろな記事で言われることがありました。私って幸せになれないし、生きる価値のない人間なんだと自暴自棄になることもあり応援してくださる皆様の声が聞こえなくなって全てが嫌になって、このまま消えてしまいたいと思うこともありました」と本音を吐露。そんな中で、脚本の久保田創氏からは「ずーみんが幸せになってくれたらいいなと思いながら書いた」とうれしい言葉をかけてもらったと明かし、「人それぞれの幸せのかたちがある中で、私は私なりの幸せのかたちを見つけることができました。私は今、幸せな人生を歩んでいると心からそう言えます」「復帰できたことは当たり前ではないのでいつまでもこの気持ちを忘れることなく、環境に甘んじずこれからまたお仕事をさせていただければと思います」と思いをつづった。

 また、今作では主題歌も担当した今泉。楽曲のおかげでまた歌を好きになれたと明かし、「得意だから歌いたいわけではないし、歌が上手いと思っているから歌いたいわけでもなく純粋に歌うことが好きなんです また歌を好きになれたことが嬉しかったです」と感謝。「こんな私のことを応援していてよかったと思っていただけるように精一杯尽力いたします。最後まで読んでくださりありがとうございました!」と結んだ。

【PICK UP グルメ】

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース