ホンダF1が30年ぶり栄冠!全力で挑んだ技術者たちの奮闘描く……2日のNHK BS1スペシャル | RBB TODAY

ホンダF1が30年ぶり栄冠!全力で挑んだ技術者たちの奮闘描く……2日のNHK BS1スペシャル

IT・デジタル ネタ
(C)NHK
(C)NHK 全 5 枚
拡大写真
【PICK UP】

 NHK BS1スペシャル『30年ぶりの栄冠! ホンダF1 最後の戦い』が2022年1月2日20時から放送される。

 2021年限りでF1からの撤退を発表したホンダ。地球温暖化を防ぐ、脱炭素の目標に向けて、資金、人材など会社の資源を集中させるためだ。社内で撤退に奮起したのは、F1マシンの心臓部、パワーユニットを開発してきた技術者たち。開発責任者の浅木泰昭は「このままでは終われない!最後の年に、何が何でもチャンピオンを獲りたい」と覚悟を決める。

 1番になるために、ホンダの技術者たちは、「もっとパワー!もっと速く!もっと信頼性!」を合言葉に、全力で技術を磨き上げる。短期間に開発するために、3Dプリンターで部品を作ったり、ジェット機部門の技術を応用したり、全社体制のオールホンダで挑む。そして、3月、2021年シーズンが開幕。新しいパワーユニットを搭載したレッドブル・ホンダのF1マシンが躍動する。マックス・フェルスタッペン選手がメルセデスの絶対王者、ルイス・ハミルトン選手を破り、伝統のモナコグランプリで初勝利。さらに、シーズン前半戦、チームとして5連勝するなど、快進撃を達成した。

 しかし、その後、相次ぐクラッシュやメルセデスの猛烈な巻き返しを受ける。ドライーバーズ部門は歴史上かつてない激戦が繰り広げられる。最終の第22戦、アブダビグランプリ、ポイント同点で2人が並ぶ。レースはハミルトン選手がフェルスタッペン選手を引き離す。ラスト5周、誰もが負けたと思った瞬間、勝利の女神がレッドブル・ホンダに舞い降りる。なぜ、30年ぶりの栄冠に輝いたのか?番組ではレース映像と関係者の証言を積み重ね、ホンダF1、最後の戦いを克明にドキュメントする。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/