AKB48・柏木由紀、秋元康から永久在籍の許可「何歳までいてもいい」 | RBB TODAY

AKB48・柏木由紀、秋元康から永久在籍の許可「何歳までいてもいい」

エンタメ その他
柏木由紀【撮影:こじへい】
柏木由紀【撮影:こじへい】 全 1 枚
/
拡大写真

 AKB48・柏木由紀が、21日放送のラジオ『劇団サンバカーニバル』(FM FUJI)に出演。グループへの想いを明かした。

 2007年にAKBの一員としてデビューした後、今年で15年在籍している柏木。現在30歳という彼女は「(メンバーの中で)年齢も一番上で、歴も一番長いです」と笑った。

 劇団ひとりから「みんないろいろ卒業される中、柏木さんだけどうして残っているのか」と聞かれると、「なんでですかね?」と問い返しつつ、「アイドルがすごく好きで、“今”が一番楽しいと思っているから、なかなか卒業する理由が見つからない」と回答。

 劇団から「でも、いつか辞めなければいけないわけでしょ?だって、AKBとしても、50(50歳)とかなられちゃうと、『そろそろ……』って言いづらいじゃん?」と指摘された。

 すると柏木は「先日、秋元さん(秋元康)から『何歳までいてもいい。結婚しても、柏木がいいなら、ずっといたらいいよ』(と言われた)」と告白。「(その言葉が)嬉しかったので、それを真に受けてではないですけど……」と、俄然、AKBを続けるモチベーションが湧いたと話した。

 劇団が「30とかだとまだ中途半端だけど、40超し始めると、それはそれで凄いことになりそうだね」と期待を寄せると、彼女も「いくところまでいけば」と答えていた。




《杉山実》

特集

【注目記事】
【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

関連ニュース