「2012年本屋大賞」ノミネート10作品発表! | RBB TODAY

「2012年本屋大賞」ノミネート10作品発表!

エンタメ その他
ノミネート10作品が発表された本屋大賞公式HP。大賞の発表は4月10日
ノミネート10作品が発表された本屋大賞公式HP。大賞の発表は4月10日 全 3 枚
拡大写真
 全国の書店員が「いちばん! 売りたい本」を選ぶ「2012年本屋大賞」のノミネート作品10作品が発表された。高野和明著「ジェノサイド」などが選ばれている。

 「2012年本屋大賞」にノミネートされたのは、『偉大なる、しゅららぼん』(万城目学)、『くちびるに歌を』(中田永一)、『ジェノサイド』(高野和明)、『誰かが足りない』(宮下奈都)、『人質の朗読会』(小川洋子)、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』(三上延)、『ピエタ』(大島真寿美)、『舟を編む』(三浦しをん)、『プリズム』(百田尚樹)、『ユリゴコロ』(沼田まほかる)の10作品(作品名50音順)。

 同賞は一次投票を昨年11月1日より本年1月5日まで行い、全国431書店560人の投票があったという。その集計の結果、上位10作品が「2012年本屋大賞」ノミネート作品として決定した。これをもとに二次投票が2月末まで行われ、4月10日に大賞が発表される。

《関口賢》

特集

【注目記事】
【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

関連ニュース